【文京区】 ラーメン大至 「チャーシューワンタンメン」

【文京区】 ラーメン大至 チャーシューワンタンメン

【文京区】 ラーメン大至 店構え

「東京ラーメンストリート」の「ひるがお」で一杯頂いた後、ちと八重洲ブックセンターへ。久々に専門書コーナーでは無くて雑誌やら何やらが揃う地下1階でグルメ本コーナーを覗いてみると、ある意味予想通りの通常あり得ない大量の品揃え。やっぱすげぇなぁ…と思って棚の裏側に回ると、フランス料理やらワインやらコーヒーやらのちょっとリッチ系のグルメ本コーナーが。。。どんだけ品揃えいいんだよっ!(喜)その後バイク雑誌コーナーでツーリング野郎ならお馴染みの「0円マップ関東2010年版」を購入し、今日のところはこれにて退散。

あ~っ!マジで八重洲ブックセンターに住みたくなるよっ(爆)

その後東京駅から秋葉原まで電車で移動して、実は新幹線の中で当たりをつけておいたお店へ向かいま~す。中央通りを御徒町方面へ歩いて、秋葉原で衝動買いした事のある人ならきっとお世話になった事のある「三菱東京UFJ銀行」の交差点を左に曲がって更に5~6分位歩くと、本日の〆「ラーメン大至」に到着です。店先のメニューの写真を眺めて「チャーシューワンタンメン」をチョイス。店内に食券の自販機が有ったけど、伺った時は動かしてなかったので店員さんに直接注文。備え付けのスポーツ新聞を読みながら待っていると、程なく「チャーシューワンタンメン」が到着。それではスープから頂きま~す。うっ…こっ…これは…

旨いっ!(喜)

鶏ベースの醤油スープなんですが、表面に浮かんだ脂で旨みを感じさせてるんじゃなくて、スープ自体の旨みが濃いです。これはいいです。いやぁ来て良かったなぁ(喜)これだけスープが旨くて麺が旨くないハズは無いと確信しつつ麺を頂くと…これまた旨いっ!。麺は中細ストレートで、ゆで上がり具合もスープにぴったんこ。味のあっさり具合とは裏腹に、具の方は相当てんこ盛りで食べ応えがあります。ノリにゆで卵半分とナルトに厚めのチャーシュー4枚、メンマに刻みネギにワンタン3個。中でも出色の一品は分厚く切られたチャーシュー。良くありがちな脂身の部分が溶けていて柔らかさを感じさせるタイプではなく、しっかりと身が詰まっていながらも柔らかい仕上がり。フランス料理で使われる「コンフィ」という調理法で作られているそうで、今まで見た事のない「赤みがかって」いながらもしっかりと火が通った不思議なチャーシューです。ワンタンも中身がぎっしり詰まった一品でして、麺も多めな事もあって相当密度の濃い一杯でした。旨かった!

こちらのお店、もう少し秋葉原の中央通りに近かったりしたら繁盛しすぎで逆の意味で維持できなくなってしまいそうな一軒ですな。また秋葉原に行く楽しみが一つ増えましたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。