4連休の最終日は…ヒッチハイク? ~何故か志賀草津道路を通って帰宅編~

「1166バックパッカーズ 物理屋さんとUW旗」 (G1 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6)

前日結構飲んだわりには普通に目が覚めまして、「1166バックパッカーズ」のラウンジで色々おしゃべりしながらパンを食べたりして過ごしていた朝。

さて、今日はここいら辺で昼飯でも喰って、空いているなら新宿行きの高速バスにでも乗ってみっか?などと考えながらコーヒーを飲んでいたら、何やら初日よりも垢抜けた気がする冒頭の写真の物理学を学ぶ学生が、今日自家用車で神奈川までどういうルートで帰るかを考えていたので、みんなで色々と教えていたら「自分は方向音痴なんですよ…」との事。

だったら小布施を抜けた後でナビにナビさせると、ちゃんとお勧めの道を選択してくれるんじゃないかな?などと皆でアドバイスしていた時に気が付いた。

あっ…俺乗っけてくれればナビするよ?(笑)

そんな訳で、予想だにしなかったヒッチハイク状態で帰路につく事に。宿の前で皆で記念写真を撮り終えるとポツポツと雨が…。

皆思い思いの方角へ出発していきまして、俺は物理屋さんと経済学屋さん(お二方共、大学生)と共にまずは長野駅へ。あえて写真は載せないがこの経済学屋さんも結構なイケメンでして、若干チャラく見られる割りに根は真面目というあたりが素晴らしい。

俺の人生にもそういう選択肢が欲しかったョ…(汗)

 そう言えば、今朝こっそり「昨日の俺、大丈夫だった?」と聞いてみたところ、この経済学屋さんに「知らない方がいい事もありますよ…」とたしなめられてしまう40歳間近の俺なのであった。

くっ…(涙)

ちと話が前後するが、冒頭の写真には映画コクリコ坂で有名になった「UW旗」が貼ってあるではあ~りませんかっ!この旗は出会いと別れの交錯する場所にピッタリですな。さすがは若女将、いいセンスです。一般の船舶用(面積比4倍)じゃなくて、ボート用のサイズってなあたりが絶妙で素晴らしい。

仮にランチョンマットになっていても文句は言えなか…(謎)

経済学屋さんと長野駅でお別れした後は物理屋さんとドライブ開始。ちょうど今後の進路を色々と考える時期という事もあってか、今の仕事の事やら何やらを色々と尋ねられる車内の会話。ま、色々話をしたんだが…俺自身、毎日週末の事ばかり考えているのはもちろんなんだが仕事の内容自体は実を言うと好きだったりしている。そう言えば「飛騨高山ゲストハウスとまる」のご夫婦は俺のブログを見て、この方ちゃんと働いているのかしら?と感じたりもしたそうだが(笑)

仕事中だけではとても間に合わない新しい規格やら技術の勉強やら何やらを家に帰ってからもひたすら続けていかなければやっていけない職種ではあるものの、それ自体は好きでやっているの一言に尽きるんだよね。

世の中、週休5日になって欲しいってな願望も同時に持っているのが凡人たる所以でもあるのだが(汗)

仕事の話をしながら雨模様の志賀草津道路に突入。最近サックスを始めたという物理屋さんの話に、俺はオーケストラでトロンボーン吹いてたんだよ!なんて会話を混ぜ込んで大雨だけれども素晴らしい紅葉具合のクネクネ道を進んでいきます。撮って下さいと渡されたiPhoneで車内からバシバシ紅葉を撮りながら進みまして、日本の国道最高地点やら草津の湯畑の前を案内しつつ青年の記念写真を撮ったりなんかして、二人で遅めの昼飯へ。

【岐阜県草津町】 店名忘れ 「豚丼セット」別名、ロマンティック街道と呼ばれる国道292号沿いのお店で「豚丼セット」を頂きました。この一帯はバイクのツーリングで何度も来た事があるが、会話のある昼飯はそれだけで一味違いますな。うどんの汁までもちろん完食してご馳走様。

日が落ちる前に俺的な目的地「前橋駅」まで送ってもらってここで解散。物理屋さんお元気で!これからの人生も今回の旅以上に豊かなものになる事を祈ってます!

しかしまぁ…あのラウンジで相対性理論が飛び出すとはなぁ…(笑)

前橋からは両毛線~水戸線~常磐線を乗り継いで、結局一度も使わなかった三脚と共に帰宅したのでありました。今回も色んな方にお世話になりました。ホントに有難うございましたっ!

最後は最終日のGPSログならぬペイントで作成した今日の軌跡。朝から会話が楽しくて、スイッチ入れ忘れたんだよ…トホホ…

2011_11_06_ルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。