見学づくしの週末最終日 「日本科学未来館」編

暑くもなく寒くもなくという快適な夜だったせいか見事に寝坊(約4時間)をしまして…当初予定していた築地で朝飯計画は断念…(涙)

   

サクラホステルでも朝食サービス350円をやっている(皆さん楽しそうでした)けれど、俺はやっぱりいつも行ってる「パンサー」でモーニングセットを頂くことに。場外馬券売り場のウインズ浅草は平日やっていない事もあって、入店してしばらくの間、客は俺一人だけだった。相変わらずボリュームたっぷりな朝食を平らげて、まずは上野に向かいま~す。

そう言えば東京スカイツリーの2台有った大きなクレーン、一台はもう降ろしちゃったんだ。着々と開業へ向けて進んでますなぁ。早く展望台からの景色を眺めてみたいもんだ。でも開業からしばらく(1年間とかか?)の間は劇混みなんだろうなぁ…

そうこうしながら開店準備の始まっている「かっぱ橋道具街」を抜け、上野駅に到着。何となくカメラバッグが邪魔に思えてきたので財布とG1をカメラバッグから取り出して、それ以外はコインロッカーにぶち込んだのであった。(実はこの瞬間、俺はとある致命的な過ちを犯している…)

首からカメラをぶら下げた、いかにも「お上りさん的」スタイルでスーツ姿のサラリーマンに混じって山手線で新橋へ。何やら「新橋こいち祭」なるお祭りを昨日、今日とやっている模様。昨日気がつけば確実に参戦してたんだが…惜しかった…。

新橋からは「ゆりかもめ」に乗ってお台場方面へ。座席はもちろんさっきまでの先頭車両、要するに最後尾。

先頭車両は当然の事ながら子供にカップルに大人気なのだが、結構穴場なのはこの最後尾の展望席(笑)次に発車する車両を待てば、結構な高確率でゲット出来ます。そして乗り終えた後…

目にした光景を頭の中で逆再生すれば、先頭車両に乗ったも同然!(出来るかっ)

そんなこんなで船の科学館駅で降りまして、まずは「日本科学未来館」へ向かおうとしたら海賊船を発見!何と「サウザンド・サニー号」ではないかっ!せっかくなのでちょっと寄っていきたいのは山々なのだが、入場料1500円を支払ってちょっとだけと言うわけにはいかないので…今回は高台からの偵察のみ。ルフィ…入場無料にしてくれないか?

近くではSUBARUのぶつからない車「アイサイト」の試乗会が行われていて、張りぼての車の直前で見事に自動停止をキメていた。端から見てても凄いなあれ。

「日本科学未来館」へ到着後、まずはドームシアターの予約を入れまして…特別展の「メイキング・オブ・東京スカイツリー ようこそ、天空の建設現場へ」を見学開始。

東京スカイツリーのタワーのデザイン案の移り変わり(8種類位)や基礎工事用の掘削用の巨大な歯車、東京スカイツリーを構成する鉄骨などが展示されています。ほぼ全ての場所が撮影禁止の空間にカメラを首からぶら下げた状態で臨んだ為、配置されている係員の方々にガッチリ「ゾーンディフェンス」されました…撮らないから大丈夫だって(汗)そんな訳で、唯一撮っても良さそうなレゴブロックの東京スカイツリーを撮ってこの場はお終い。(実は7/24のNHKスペシャルで「東京スカイツリー」建設が紹介され、体感度が倍になりました。こういう好循環は嬉しいな。)

この後館内をぶらぶらしていたらドームシアターの開始時間が近づいてきたので、少々早めに並んで入場。やっぱり後方の席の方が良く見えるので、開演10分前(開場時間)には並んでおいた方が良さそうです。
今回のプログラムは「夜はやさしい」という作品で、世界各地の星空とその土地で聞こえる音をバックグラウンドに谷川俊太郎の言葉を麻生久美子が朗読したもの。
もちろん個人的な期待を裏切られることなく20分少々の時間を過ごせました。そう言えば日立シビックセンターの天球劇場もリニューアルオープンしたって言ってたな。今度行ってみよう。日立の天球劇場、名古屋市科学館のプラネタリウムに次ぐ大きさだそうでして、実は結構凄いのです。

   

ちょうど出口の近くだったので、混み合う前に喫茶コーナーへ到着。「期間限定」の言葉にやられ「グリーンカレー」を頂きました。そうそう、立て札にも書いてありましたが結構な辛さです。あきらかに子供向けではありませんのでお気をつけを。

この後は5階の常設展エリアから見学開始。

「名古屋市科学館」「筑波宇宙センター」に続き3基目のLE-7Aエンジン実機と御対面。全周方向から見られる配置になっているので舐め回すように眺めていたら、白髪のボランティアガイドの方に声を掛けられました。「もうすぐガイドツアーが始まりますが、もしよかったら一緒に如何ですか?」との事だったので、喜んでご一緒させて頂くことに。

ガイドツアーの最初に、このフロアは日本科学未来館の館長の「毛利衛」氏が特に力を入れているフロアである旨の説明から始まり、「短い時間ではありますが、何故我々がこの宇宙に存在しているかを考えて頂けるきっかけになれたらと思います。」の言葉でツアー開始。最初のこの一言だけで、この見学ツアーに参加して良かったと思っている俺がいた。この後はガイドして頂いた後に撮って回った写真を織り交ぜて御紹介。

この世界は118種類の元素で出来ていて、ここには30種類の元素が展示してある。炭素にマグネシウムにマンガンに鉄に亜鉛と、ごくありふれた元素ばかり。

何故こんなありふれた元素を展示しているのか。それは、この30種類の元素の組み合わせで出来上がっているのが我々人間だからだ。分解するとこんなもんなんだ…と感じるのも、この30種類の元素の組み合わせだけで出来上がるという事実に神秘を感じるのも、きっとどちらも正しい考えなんだろうと思うなぁ。

 こちらは潜水調査船「しんかい6500」の前部。乗組員の乗る球形の耐圧殻という部分は、何と厚さ7センチのチタンで出来ているそうで、観測用に開いている3つの「のぞき窓」は14センチの厚さの樹脂製だそうです。宇宙に行くという事は1気圧→0気圧の世界へ行くという事になるんだが、深海へ潜って行くという事は潜れば潜る程気圧が増していくのでその変化自体は宇宙に行くのとは比較にならない程大きく、水深6500メートルでの水圧は何と680気圧にもなるそうだ。それから水深6500メートルに到達するまで片道2時間30分も掛かるそうでして、全8時間の観測時間のうち5時間は潜水と浮上に費やされているって言うんだからスケールがでかい…というか深い。

こちらは国際宇宙ステーション宇宙居住棟の原寸大モックアップ内部。写真は宇宙飛行士の個室です。ベッドと言うよりは無重力空間で飛んでいかない様に紐が付いた寝袋といった雰囲気。筑波宇宙センターでは日本実験棟「きぼう」の内部やソユーズの帰還カプセルを見たりしたので、大きさのイメージが出来るようになってきた気がする。

上はハワイにある「すばる望遠鏡」の主焦点カメラCCD。下はコンパクトデジカメのCCD。あまりのサイズの違いに唖然とする。実際の望遠鏡ではこのCCD10枚一組で画像を得るそうだ。

日本科学未来館のシンボル「Geo-Cosmos」を囲む通路には、ユーリー・ガガーリン以降の全ての宇宙飛行士の顔写真が紹介されているコーナーがあります。全部はとても紹介しきれないので、スペースシャトルの初飛行「1981年」の年の宇宙飛行士達がこちら。定員7名のシャトルが頻繁に打ち上げられるようになってから、毎年宇宙へ行った宇宙飛行士の数が急激に増えていきます。

平日という事で空いていたため特別に…という事でしたが、ASIMOの実演を子供達と一緒に床に座って見学。あっという間の10分間でした。

最後はこちら「Geo-Cosmos」。LED式→有機EL式への置き換えが6/11に終わったばかりで、確かに精細度がUP!

周囲を囲うように作られた螺旋の通路を地球を眺めながら回って歩くと、何か不思議な気分になりますな。自分が月になったような気分とでも言いますか。

Geo-Cosmosの解説付きの実演が始まったのでこちらも見学しました。真ん中に表示されているのは、一年の間に北極と南極を往復する鳥「キョクアジサシ」。年間で3万2千キロもの飛行距離だそうで、Geo-Cosmos上に示される移動線に壮大な旅のスケールの大きさを感じます。
こちらは3/11の東北地方太平洋沖地震で発生した津波が海を伝わっていく様子(実際は動画)です。解説の方の仰る通り、この地球自体が生きて息吹をしているかのような出来事であった事が、このスケールだと良く分かります。
 
こんな感じに「日本科学未来館」を堪能し尽くした後は、週末に東京へ出てくる大きな理由となった工業系の展示会「TECHNO-FRONTIER 2011」の会場であるビックサイトへ行こうと思った瞬間にようやく気が付いた。あれっ?!事前招待券までコインロッカーに入れてきちまった…あれが無いと入場料3000円也。ガーン。。。
 
もちろん…行きません。それにしてもアホだ…アホ過ぎるっ…(涙)

見学づくしの週末最終日 「日本科学未来館」編」への2件のフィードバック

  1. ありゃ? テクノフロンティアいらっしゃらなかったのですね?

    どこぞのネットカフェ等に飛び込んで、Webサイトで事前登録すれば期間中でも無料でしたのに。
    ウチの方は、水木金と展示会へ見学に行く朝に、会社で事前登録してる人もチラホラ居ました。
    私の方は招待券が余りまくって捨ててましたけれども。

  2. Gmailに転送してあったので、セブンイレブンのネットプリントサービスに転送出来れば…とか考えていたら嫌になって船の科学館へ向かってしまいました(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。