「水道フェア 2011」 ~日立市森山浄水場~

今回の震災で一週間程断水していたんだが、当時徐々に復旧していく水道の復旧具合をインターネットで調べていたら「2.導・送・配水管の管種別・口径別延長」なるpdfファイルが検索で引っかかったのが今回水道フェアに参加しようと思ったきっかけなのかもしれないな。

浄水場までの配管の種類に口径、距離なんかが記載された面白くも何ともない書類なんだが、自分の父がここに出てくる「ヒューム管」の強度設計をやっていた事もあり何となく親近感を持った。

そして月日は流れまして…森山浄水場の一般公開が週末行われる事を聞きつけたのでさっそく会場の森山浄水場へやって来た。意外な程近くにある事にちょっとびっくり。冒頭の写真はこの手のイベントに付きものの案内板。どうやら「祭り」らしい。高まる期待とは裏腹に、こんな天気の良い週末にこんな事をしていて良かったのだろうか?という疑問が湧かなかった訳ではない。行くべきところは他にもあったような気がするんだが…

会場に到着後、受付をするとおもむろに「ネギ・トマト・キュウリ・タマネギ・お米少々」が入った袋をごく自然に渡された。この後、50枚程の写真が展示されている「東北関東大震災報道写真展」を見学。報道写真というのはさすが無駄が無い。そして…やっぱり全部は見ていられなかった。

アンケートに答える度、ジュースや粗品を貰ったりしまして水道局の事務所の中へ。最初にやって来たのはこちら、利き酒ならぬ「利き水」コーナー。3種類の水が用意されていまして、「森山浄水場(日立市南部)」、「十王浄水場(日立市北部)」、「ミネラルウオーター(銘柄は失念)」の3種類が用意されているとの事。

小さな紙コップに水道局の方から水をお酌?して頂き、3種類を飲み比べ。ラーメンの食べ歩き的な事をやっていて、なおかつそれをネタにしてしまっている自分にとって正念場がやってきた。

果たして…「違いのわからない男」に違いはわかるのかっ!

この3種類の水、一つだけ毎日飲んでいる水の様な気がしたものがあった。…それは2番。二日酔いの朝に飲んでいる水道水と同じ気がするんだよね。あとの二つは正直良く分からんが…何となくミネラルウオーターっぽいのが3番で、水道水(十王浄水場)っぽいのが1番てな感じかな。

利き水の後は、20分程の水道の歴史のビデオを見まして(水道普及の最大の原動力は「コレラ」の蔓延防止だったらしい。)、浄水場の施設の見学に出発する時に、引率する水道局の方からさっきの利き水の正解が披露された。「1番が十王浄水場の水、2番がここ森山浄水場の水、3番がミネラルウオーターでした。」

まさかの正解…「来たぁ~~~~~っ!」(C)織田裕二

(注)実はこれを書きながら確率を考えた所、当てずっぽうに選んでも1/6の確率で当たる事に気が付いてしまった。やめときゃいいのに、こういう事を一々計算してしまうから理系の人間は煙たがられるような気がするよ…俺自身…この結果は知らない方が幸せだった(涙)

こちらは浄水場の最上部に位置する噴水。結構素敵な空間でして、出来る事なら日頃からくつろげる空間にして欲しい所ではあるが、さすがに安全第一の飲料水の製造現場と言う事で、いっつも公開ってな訳にはいかないのが残念だ。

そしてこの噴水、てっぺんに展望台がありまして…

日立市大みか町方面が見下ろせます。そして手前のプールの様な施設が、これから見学に行く浄水施設。森山浄水場では2系統の浄水設備があるとの事で、こっちが確か1系統だったかな?

ここからは実際の見学順ではなく、浄水場の浄水行程順に御紹介。こちらは福島県~茨城県を流れる久慈川から引いてきた原水を貯めているプール。この時点ではお世辞にもこの水を飲みたいとは思えないのが正直なところ。そう言えば、久慈川上流の鮎釣りが解禁になったそうだが、客入りは例年の4割程度らしい。鮎にしてみりゃ奇跡的に平和な年だったとして言い伝えが残るんではなかろうか(笑)

水道局の方の説明によると、一時期問題になっていた放射性ヨウ素と放射性セシウムに関しては、5/17(ちょっと記憶があいまいです)以降、検出されていないとの事でした。これを聞いた市民の皆さんの反応が実に印象的。「無くなったと言う事を、もっと積極的にPRして欲しい」と皆さん口にされてました。確かに検出された時は大ニュースになるけれど、無くなった事ってニュースにならないもんね。

こちらは沈殿槽だったかな。不純物が自然に下に溜まるのを待つ施設。正直言って、こちらの水もまだ結構汚れている印象。

沈殿槽で重力を利用した浄水を行った後は、擬集剤(ポリ塩化アルミニウム)という薬品の力を借りて水の中の微粒子を結合させて大きくしていくようです。微粒子を取り除くと急激にキレイな水になってきます。キレイな湖の水以上ってな感じかな。

この後は濾過池へ。このプールの下には砂が敷き詰められていまして、文字通り水を「濾過」するそうです。

3つあるタンクのうち、一番左は活性炭フィルターらしいです。仕組みは的には家庭用の浄水器と同じなんでしょうが、さすがにでかさが桁違い。

浄水場の見学をして感じたのは、家庭用の浄水器なんてそもそも水道水に対して必要なんだろうかという素朴な疑問。誠実なプロが日々作っている水道水、俺は信頼するに足ると思ったな。皆さん今後とも美味しい水の供給をよろしくお願いします!

ちなみに森山浄水場を見学していた時に背負っていたのがこちら。少しは俺もバックパッカーらしくなったかな?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。