【兵庫県神戸市】 神戸空港 「ひっぱりだこ飯」

   

   

上下左右にガタガタ揺れまくった飛行機も、無事神戸空港へ到着。行きにGetし損なった弁当を手に入れる為まずは売店へ。

(俺)「あの、ひ…ひっぱりだこ飯はありますか?」←実際に言ってみると、ちょっと恥ずかしい(笑)

(お店の方)「はいございます。」

(俺)「1個下さいっ!」

…会計を済ませまして…

「ひっぱりだこ飯」…ゲットだぜっ!(C)ポケットモンスター

次のフライトに向け、給油やら何やらをやっている飛行機が良く見える椅子に座りまして…ブログ用の写真撮影開始。とは言っても、上ぶたがある時と中身が見える写真を撮るだけの話なんですが、ふと気が付くと隣の椅子の方がこの空港の弁当の「値段的な」フラッグシップ「神戸のステーキ弁当(1200円)」を頬張りはじめているのに気が付いた。ちなみに「ひっぱりだこ飯」は980円。この瞬間、あのアニメの有名な1シーンが脳裏に浮かんだのであった。

「弁当の価格の違いが戦力の決定的差ではないと言うことを教えてやる」(C)シャア

そんな訳で隣の方からも良く見える場所に「ひっぱりだこ飯」を置きまして、片ひざをつきながらコンパクトデジカメを低位置&縦位置で撮る(G1のバリアングル液晶を使えば良かったなぁ…)という変人ぶりを発揮。

(注)実はここまでやったのにまともに撮れておらず(汗)日中シンクロかレフ板が必要だなこりゃ。そんな訳で右下は帰宅後の撮影。ちなみに台座は「有田焼カレーの外箱」。

こんな具合に相変わらずの間抜けさを発揮した後は実食タイム。この「ひっぱりだこ飯」、たこつぼを模した器に炊き込みご飯が入っていて、表面に各種具材が載っているといった感じかな。具はと言いますと、タコ(2つ)・ゼンマイ・ニンジン・タケノコ・錦糸卵・何らかの魚(ウナギ?アナゴ?)ってな感じです。全般的な印象としては、素材の旨さを生かしたあっさりとした仕上がり具合。全般的に薄味な仕上がりなので、老若男女誰でもお勧めできる味付けですな。タコの足は想像以上に柔らかでして、出来る事ならもう一本(全部で3本)あると嬉しいかも。

でもまぁこういうのは少々足りない位がちょうど良いんですかね?炊き込みご飯と具を飛行機を見ながら食べていて…ふと、そんな気分になったりしました。

ご馳走様でしたっ!機会があったら是非また伺います!

こんな具合に30分程の神戸空港滞在を楽しみまして…強風の中を羽田へGo!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。