何故かのんびり過ごしたくなる街「浅草」

晩飯?を食べた後は散歩がてらに浅草寺の雷門へ。人出はやや少なめな気がしないでもない…

仲見世通りも程ほどの人出。そして秋葉原でも感じたんだがいつもの「外国人観光客」の姿が無い。中国語らしき会話も聞こえてこない…。要するにここにいるのは殆どが日本人。だったらいっその事、皆で慣れない和服を着て観光がてらこの仲見世通りを散歩してみるってのはどうだ?ちょっと歪んだ情報発信にはなるが、何やら面白そうな場所があると言う事であっという間に外国人観光客が戻ってくるだろう…多分(汗)

ま、俺自身、和服で歩いてみたいしね(笑)

浅草寺の本堂へはいつもより長いお参りの行列が。そう言えばトラブル続発のはやぶさプロジェクトに携わった川口氏が今朝の講演で、最後は正直言って「神頼みだった」と言っていた事を思い出したりした。でもなぁ…個人的には、ここ浅草寺と鹿島神宮と善光寺では毎度毎度ちゃんと世界平和を祈ったんだぜ?それでこれかよ?と文句の一つも言いたくなるよ。さすがに文句を言うのは怖いからもう一度祈っておいたけど。

この後は銭湯へ向かった訳だが、出来る事なら風呂に入る前に伸びてしまった髪を切りたいなぁ…と散髪屋を求めて街を彷徨うものの発見出来ず。観光地で散髪屋を探すのは無謀だったかなぁ…と諦めて銭湯に向かったら…銭湯のすぐそばに散髪屋発見!(爆)そりゃそうだわな。まず探すべきはこのエリアだよなぁ(笑)

そんなこんなでAMラジオの流れる店内で伸びすぎた髪を切ってもらった後は「蛇骨湯」と言う、何やらおどろおどろしい名称の銭湯へ。

「蛇骨湯(じゃこつゆ)」なんて名前だったりしてますが、一般的な銭湯料金で露天風呂まで楽しめたりするいい場所です。お湯自体も蒲田の黒湯を薄めた色合いの天然温泉(成分温泉なのでもちろん加温はしてます)ですので申し分ないでしょう。

話が少々脱線しますが、男湯で目にする地元のお年寄りの方々の引き締まった体格には惚れ惚れするものがありますなぁ。今年は残念ながら中止となってしまった「三社祭」の存在がこの肉体を作っているのかな。それから、こちらの「電気風呂」の痺れ具合は個人的な経験から言って最強なのではないかと思います。

*詳しい住所、営業情報については「蛇骨湯」のHPをご参照下さい。

    

のんびりと銭湯を楽しんだ後は、いつもの赤提灯街で反省会…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。