稚内のホテル持ち込みグルメ

    

昔、稚内へツーリングで来た時に稚内駅すぐそばの安宿に泊まって晩飯を食いに街へ繰り出した事があったんだが、お盆休み真っ只中だったこともあり、寿司屋一軒だけしか営業していなかった事があった。

今回昼間に街中を歩いた印象としては…あの時とあんまり変わらない印象を受けたので(汗)スーパーで酒とお総菜を買う事にしたんだが…「宗谷黒牛」とか「ホッケ」とか旨そうなんだよなぁ…火が使えればなぁ…

う~ん…出張でもキャンプ用のストーブ(調理用)持って歩くことにすっか?(爆)

左は今晩のお酒。ご当地という事でビールは「サッポロ黒ラベル」。真ん中は「男山最北航路」なる日本酒。これはまあいいとして、同じく日本酒コーナーに何故か「水戸藩」なる生酒が。ラベルを見ると、確かに水戸の明利酒類という酒蔵製。はて、稚内と水戸に何か関係があるんでしょうか?まぁ稚内で出会ったのも何かの縁だと思うのでもちろん購入。つまみ&晩飯は「鶏レバー焼き」に「十勝カマンベールチーズ」に「ザル絞り豆腐」に「ほたてから揚げ」。

黒ラベルの旨さはもちろんですが、「男山最北航路」ってのは結構甘口。「鶏レバー焼き」は甘いタレでの仕上がり具合が旨く、「十勝カマンベールチーズ」はもちろんビールと良く合います。

「ほたてから揚げ」はもの凄く量があります。ほたてのから揚げってのは初めて食べましたが…これは確かに「から揚げ」もありですなぁ。生酒「水戸藩」は、すっきりとした飲み口でして、日本酒が苦手な方にも飲みやすいんじゃないかな。「ザル絞り豆腐」はタレ付きですが、何もかけなくても十分旨いです。

そんなこんなでNEWSを見たり、北海道で「水曜どうでしょう」(原チャリの旅「御前崎」近辺編)を見たりしながら一夜を明かしたのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。