桜島は次回じっくり廻るという事で…

    

桜島へ上陸後はあんまり時間が無いので、軽く散歩した後で道の駅「火の島めぐみ館」へ。

ちょっとしたお土産を買ったりした後、結構寒い気候ではあったが地元の小みかんを使った「桜島小みかんソフト」を頂きましたが、みかんと言うよりオレンジ的な柑橘系の爽やかさがあって旨かったです。

そう言えばB級グルメの祭典とかは最近多いけど、「ご当地ソフトクリーム」の祭典とかやってくれないかなぁ。俺、絶対に行くと思うんだけど。

    

鹿児島市内への帰りのフェリーでは、TVや事前調査で知った15分間の船旅で食べずにはいられないらしい地元民のソウルフードの「やぶ金」のうどんを頂きま~す。なんとなく旨そうな気がした「月見うどん」を注文しますと、駅の立ち食いそば屋的な素早さで出来上がり。

こんな感じに客席の最後部に持ってきまして頂きま~す。うん、関西系のうどんらしく薄口な仕上がり。京都で食べたうどんよりも更に押しが弱い印象ですが、天かすが効いているのか薄いなぁという印象は何故かありません。麺はかなりふにゃふにゃで、腰の強いうどんが主流の群馬県民辺りには大不評の予感がするが、これはこれと言う事で美味しく頂いた方が人生豊かになると思うなぁ。

バイクで何度も来た事があるというのが一番でかいが、今回は時間があんまり無いのでさらっと桜島を後にしてしまうのでありました。

また今度! さようなら桜島!

そう言えば、桜島から鹿児島市内へ戻ってきて、ふと歩道の脇のゴミ捨て場に火山灰専用の場所がある事に気が付いた。今回は大丈夫だったけど、桜島の噴火具合と風向き次第では火山灰が沢山降ってくるって事だよな。掃除が大変そうだなこりゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。