今回の地震と過去の分の記事に関して

大変な震災となってしまいました。

私自身は今回の地震前日夜に鹿児島から戻ってきており、翌日、日立市内で仕事中に今回の地震に遭遇しました。凄まじい揺れや社内の状態はあまり宜しくないものの、幸い怪我等は無く無事にやり過ごす事が出来ました。母親が鹿嶋に住んでいる関係で、地震当日の夜バイクで鹿嶋に向かった所、途中大洗の国道51号に大きなクレバスがあって(今日通り掛かった時は該当区間は全面通行止めになっていました)10年ぶり位に走行中に大転倒したりしましたが、悪運強く、軽い打撲とボロいバイクがさらに少しボロくなっただけで済みました。

鹿嶋では幸い電気が通じていた為、震災当日~今朝方までTVのニュースで今回の震災の状況を見ていましたが、ツーリングで何度も行っている、本来なら美しい東北の海岸沿いのあまりの惨状に言葉を失っております。

行方不明の方々の御無事と、被災された皆さんの一日も早い普通の日々への回復をお祈りしております。

こんな状況ですので個人的な心情的に九州新幹線の全線開通で盛り上がる寸前までお世話になった鹿児島での事は書かずに終えてしまおうと当初思っていましたが、寂れかけている温泉地や観光施設、そして鹿児島の方々自身が今回の全線開通を地域の飛躍への起爆剤として大いに期待している事を現地で知ったにも関わらずに眠らせてしまうのは申し訳ないのと、東北地方が自力で復興出来るまでになるには元気な地区からの力添えが何としても必要かと思われます。

そんな訳で、九州・鹿児島の皆さんには是非元気になって頂きたく、時間はかかっても全部書く事にしました。ただ、心情的に記事の雰囲気が不連続になるのはお許し下さい。

春は南方からやってきます。九州の皆様から春の訪れの便りを聞ける日をお待ちしております。

春はかならずやってきます。東北の皆様の復興を、心からお祈り致します。

私自身に何が出来るか、これから考えて行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。