【神奈川県横浜市中区】 秀味園 「魯肉飯(ルーローファン)セット」

横浜に限らず全国各地の中華街でちと困るのは、大量の飲食店が軒を連ねるエリアではあるが…「一人」で入れる店がぱっと見では判別出来ない事なんだよなぁ(汗)

そんな訳で今回は事前に調べておいた、一人でも入りやすそうなこちらのお店「秀味園」へやってきました。以前このブログで朝食処として紹介した事のある「馬さんの店 龍仙」も一人でも入りやすい店の一つであるらしいんですが、せっかくなのでまだ来た事のないこちらのお店へ。

観光地らしからぬワンコイン500円で頂ける「魯肉飯(ルーローファン)」という丼に、「ワンタンスープか魚団子スープ」&「アンニン豆腐」をセットにしても800円なので「ワンタンスープセット」を注文したところ…

何故か…「魚団子スープ」がやってきました(爆)

ま、直感で選んだ味ばかりでは無く新しい味に挑戦しろと言う「中国4000年の歴史と共にある台湾の歴史」がこの付け合わせのスープを導いたんだと思うので…文句は言わずに頂きま~す(笑)

メインの「魯肉飯」のドンブリには豚の角煮と豚そぼろに高菜?と中国茶のゆで玉子がのっていまして、丼物好きな日本人なら確実に受ける甘いタレもタップリ掛かってます。う~む…豚の角煮と豚そぼろ、どちらも間違いなく丼飯としてドンピシャの存在感。これは一人でなくても一度は食べてみた方が良さそうなドンブリですヨ!

角煮をかじりつつ箸休め的な印象もある細切れの漬け物を頂いていると、自然と御飯も減ってます(笑)色合いは結構濃いめだった「中国茶のゆで玉子」はさほど味を感じなかったのがちと残念でしたが、ドンブリを頂きながら魚団子スープを飲んでいると…

「牛丼に味噌汁」と同じ位落ち着く組み合わせに感じますなぁ(喜)

最後の〆の杏仁豆腐ももちろん頂きましてご馳走様でした。これは間違いなく「食べて良かった」一品です。う~ん、ツーリング先でこういうお店に出会えると「お腹的にも思い出的」にも最高なんですが、さすがにそれは難しそうだなぁ…(汗)ご馳走様でした。また来ま~すっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください