「青春18きっぷで長野旅行」 ~『粉雪舞う善光寺へお参りなど』編~

「夜の善光寺 参道方面の眺め」 (G1 NFD24mm)

ラーメンを頂いた後は善光寺へのお参り開始。

学生時代のオケの合宿先が長野県だった事もあり、ティンパニーやらテューバを積んだトラックやら原チャリやらバイクやらで善光寺に来た事は何度もあったりするが…電車に乗って駅から歩いてやってきたのは実は今回が初めて。

気温が低く、道路の温度自体も低いからなのか「アスファルトの道路の上」を雪が溶けることなく舞っていく光景には驚いたなぁ…「粉雪」を初めてこの目で見た気がする。この時「レミオロメンの粉雪」が頭の中で鳴り続けていたんだけれども…「さだまさし」好きなおっさん(俺)が

無理して「若い素振り」をしてるんじゃないって事実を是非とも信じて欲しいな…(爆)

善光寺では世界平和を祈ったりもしてみましたが…夏場に?この善光寺で華麗なデビューを飾った三脚「スプリントCL」を正月に鹿嶋に置き忘れてきた関係で、今回は三脚が無いんだよ(涙)

そうは言っても一枚も撮らずにこの場を去るのはちと悲しいので、門柱?に体とカメラを預けて無理矢理パチリしたのが上の一枚。写真の出来はともかく、初詣客が居なくなって落ち着いたのであろう粉雪舞う善光寺は、落ち着いた雰囲気を感じさせてくれました。正直な話、御開帳の時とかよりも感動的でした。

この後は、今晩の宿泊先に向かう訳ですが…申告していたチェックインの時間まで時間が有るので、宿のそばにある銭湯「亀の湯」へ寄ってから宿に向かう事にしますかね。

【長野県長野市】 亀の湯

善光寺から歩く事10分?程で「亀の湯」へ到着。番台のおばあちゃんに380円を渡して入浴で~す(喜)

長野ってのは入浴料が結構安めなんですね。知っている方には当然の事かもしれませんが…日本全国津々浦々、銭湯の入浴料ってのは基本的にそれぞれの都道府県毎の銭湯組合毎に一律で決まってます。東京都は今では何と450円。大田区の銭湯に毎日通っていた頃、落ち着いて考えると420円ってのは高いなぁ…と思っていたのに、また値上がりしたのか…(汗)

これは単なる愚痴なんだが…今住んでいる茨城県には「銭湯組合」自体が存在せず、銭湯不毛の地になってしまっている事が銭湯好きの自分には本当に悲しいんだよなぁ…

ま、愚痴はともかくとして(笑)善光寺参りで冷えた体を温めるのに最高の風呂でした。それから、風呂場から地下に通じる階段があって、その先に「スチームサウナ」が有る銭湯なんてここ以外にあんのかな?湯船は小さいが、このサウナ目当てにやってくるのも「銭湯マニア」的にはありだと思うなぁ(喜)

そんなこんなで番台のおばあちゃん、また伺いますので宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。