「青春18きっぷで長野まで乗りまくり in 2011」 ~『大甕から高尾まで』編~

05:16の大甕発 常磐線 上野行きに乗り込んだ後は、半分寝たような状態で「ぬくぬく」な電車に揺られていく事約1時間の「岩間駅」あたりから徐々に空が深い青色に染まり始め…「荒川沖駅」に到着するちと手前で日の出を迎えた。

ミーハーな自分ではあるが何故か初日の出を拝む習慣が無いので、今年初めて日の出を拝む。冬場の日の出は空気の透明感が伝わってくるようで綺麗だよなぁ。そう言えば「荒川沖駅」近くでまた変な奴が出たらしいんだが…実際に近所で生活している方々の心労が気に掛かる。別にこの地域にそういうものを引き付ける何かが有る訳では無いんだとは思うが。。。

牛久あたりでほぼ座席が埋まり、自分の座ったBox席は「男1人+女3人」のハーレム状態に。小さな幸せを感じるものの、次に目を開いた時はすでに上野駅のホームに電車が到着した時だった…どうやら小さな幸せすら「自分の事を通過」するらしい。

鹿島神宮でお祈りしたのに…効き目が無い気がするヨ…(爆)

そう言えば、ジョルダンの乗り換え案内的には山手線やらなんやらで日暮里経由で新宿から中央線の特別快速に乗れとの案内であったが…感覚的に東京始発の特別快速に乗れば結局同じ電車に乗れそうな気がしたので山手線で東京駅へ。

幸い先発の「快速 高尾行き」のすぐ後に自分の乗る「特別快速 高尾行き」というダイヤだった為、中野駅までのお客さんのやたらと多い区間を利用する方々は先発の電車に乗り込んだようでして、青春18きっぷの同業者(笑)らしき面々と山屋さん達が目立つ、のんびりとした雰囲気の漂う車内となりました。

ビルばっかりが見える車窓を眺めながらボンヤリと思うのは…今住んでいる片田舎?も、昔住んでいた都会?も「どっちもどっち」の満足さ&不便さって事かな。

~中央線の車窓を眺めながら妄想開始~

今住んでいる茨城県日立市大みか町という街は、まともな本屋が近所に無かったり、日用品の買い出しにも少々足を伸ばさなければならなかったりという『無い』事に対する不便さがある。でも、駐車場付きで2DKのアパートが3万円台という嬉しさだけでなく、常陸太田方面に足を向ければあっという間に喧噪の無い空間に出て行ける。

対して東京都大田区の蒲田近くに住んでいた時は、1Kの江戸間6畳相当にロフトが付いて6万円台後半。大型バイクの駐輪場を借りるのに別途毎月2万円近く掛かったし、車に乗る時は走る時間帯やら何やらをあらかじめ考えて走らないと渋滞で一日が終わるような土地柄。ただまぁ夜中でも手に入らない物は無い位のお店が営業しているし、すぐそばにラーメン屋が大量にあるし、そもそもの賃金ベースが高かったりするのはこれまた純然たる事実。

~中央線の車窓を眺めながらの妄想終了~

こんな現実味あふれる妄想をしながら(笑)…定刻通りに 9:11 高尾駅 着。甲府方面への乗り換えで15分程あるので駅のトイレで用を足した後、駅の内外から購入出来る「Ichigendo」というお店で「高尾天狗パン」を購入。駅の外側から入店すれば、軽食も頂けるみたいです。

「東京都八王子市高尾町~高尾駅~」 高尾天狗パン 「Ichigendo」

「高尾名物!」と銘打たれた天狗の焼き印を押されたパンなんだが…この個体だと天狗の柄が判別出来ないかもなぁ(汗)。ま、焼き印の良し悪しはともかくとして、「菓子パンとしての仕上がり」は確かな一品です。もっちりとした弾力のパン本体?に「きなこクリーム」がたっぷり入ってます。きなこクリームの中には「カリッ」という歯応えのクルミ?みたいなものも入ってまして、お口の中が楽しい菓子パン?ですな。

観光地ではありますが1個「140円」と言う一般的な?パン屋さんと同程度の価格帯です。小さなお子さんにも一人一個渡してしまえば…しばらくの間は大人しく食べてくれるかも(笑)

ご馳走様でしたっ!次回近くに来た時にも是非頂きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。