『「ラッセル車」ってでかいなぁ…そして…さらば会津若松よ!』編

「ラッセル車(ENR-1000)」 (G1 NFD24mm)

写真を撮ったり電車の座席で休憩をしながら「除雪作業はどうなっているんだろう?」と思っていたら、こちらのラッセル車が会津若松駅へやってきた。右隣の特急電車「583系」(にわか知識なので自信は全く無いが…)と比べてもらうと分かると思うが、威圧感すら感じるデカさだなこりゃ。

この車両、「ENR-1000」というラッセル車だそうでして、これから郡山方面の除雪をしに行くそうな。写真では分からないかと思うんだが、車両には「保線作業員」の皆さんを満載です。そして…

「出撃するラッセル車(ENR-1000)」 (G1 NFD24mm)

除雪現場へと旅立って行きました。。。

「よろしく頼んだぞ~~~っ!」(願)

そう言えば、ラッセル車にも「あかべこ」マークが付いてるんですなぁ。

保線区の皆さんの尽力もあり、12時8分に我々の乗った「郡山行き臨時直通電車」が出発出来ました。途中、信号機の異常を示す信号を受信したとの事で急停車するハプニングがありましたが、異常なしとの事で再出発。

徐々に雪が少なくなる車窓を眺めながら…13:39に、無事「郡山」へ到着しました。

ちょうど水郡線の電車が発車する時刻だったので乗り込みまして、行きと同じく水戸経由で17:56に大甕駅へ到着。郡山に着いて以降は、会津若松で起きていた事を微塵も感じさせない「ほのぼの」とした時間が流れてました。

いやぁそれにしても「濃い」旅だった(喜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。