『川越散策』など

「パッチワーク」 (G1 NFD50mm)

ちと遅めの昼飯の後は川越散策を再開。歩きながら感じるのは、良くできた観光地だなぁと言う事。これは別に嫌みな事を言いたい訳じゃ無くって、街全体が後から取って付けたような不自然さをそれほど感じる事無く見物出来るってこと。それに部分的に観光地なんじゃなくってエリアというかゾーンという結構広い範囲で特徴的な街並みが続いているんで、上手い事気分が乗り続けるんだろうなぁと思うな。

川越のシンボル「時の鐘」 (G1 NFD50mm)

 

 

 

こちらは川越のシンボル「時の鐘」。さすがにこの周辺は結構な人出でした。この一帯は二人乗りの人力車でぐるっと観光できるみたいです。人力車を引いている方の解説付きなので、乗ってみるのもいいかもしれないですな。

ま、さすがに男一人で乗るのは気分的に無理でしたが(汗)

 

 

 

「ちょっと多すぎる鯉」 (G1 NFD50mm)

 

 

 

こちらは雰囲気のいいちょっとした水路。ただ、ちょっと鯉が多すぎるんではなかろうか?(笑)

 

 

 

 

 

「菓子屋横丁」 (G1 NFD50mm)

 

 

 

こちらはアメ横の「二木の菓子」もビックリな品揃えを誇る「菓子屋横丁」。20件近い駄菓子屋さんが街の一角に集積してます。子供を連れてきたら喜びそうな場所ですな。大人的にはどことなく漂っている「昭和の香り」が、なんだか哀愁を感じさせる場所ですね。今回ラーメン食べたすぐ後だったんで何もつままなかったですが、食べ歩きに丁度良さそうな場所でもありました。

 

 

 

この後は、来た時と違う道を通って川越駅へ。しかしまあ、川越ってのは日本中の商店街が「シャッター通り」等と呼ばれてしまっている事が嘘のように感じられる街ですな。もっと早く来れば良かったなぁってな印象です。

川越散策の後は15:30の埼京線快速で池袋のビックカメラへ。4000円分の優待券があるので何か買おうと思ったんだが、特に欲しい物が無かったので結局何にも買わずに山手線で上野駅へ移動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。