打ち替え用のベアリングが到着!

初めての汎用ベアリング

え~、年末のメンテ祭りの新兵器(工具)は先週末に買ったのを御紹介しましたが、たった今バイク用に注文していた打ち替え用のベアリングが到着しましたっ!

(注)これってやっぱり、ラーメン屋を巡れていない言い訳的な穴埋め記事なのでは?…(爆)

ウェビック」というバイク用品通販サイトがHONDAの純正部品の歳末セールを行っていた為、メンテ用の各種シール等の純正部品類はウェビックに注文したんだが、今回初めてベアリングに関しては「ベアリングタロウ」という機械部品専門店(MonotaRO)のベアリング販売部門?に注文してみた。

バイクの純正部品として当然の事ながらベアリングも部品番号の記載が有る訳だが…余程の特殊な物で無い限りベアリングってのは一般的な規格部品として流通しているらしい。そんな訳でパーツリストを眺めながら…同じ型式の「深溝玉軸受・接触型」を注文したのであった。構造的に「非接触型」はシール性能(耐水性等)が良くないらしいので、雨水に濡れる環境下だからシール型だよねぇ?…と信じて注文しました(汗)

値段的には1個400円ちょいでして、フロント用2個・リア用2個・ハブ用1個の3種類、計5個で2416円。純正部品として買う時と比べて少しは安いのかな?どうなんだろうか?

まぁ何はともあれ「とっととベアリングを打ち替え」て、極寒の冬空の下へバイクで旅立ちたいものである…(嘘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。