「ジョイフルホンダ」ひたちなか店の駐輪場でバッテリー交換

「ジョイフルホンダ」ひたちなか店の駐輪場でバッテリー交換

昨日の「ヤマガタの悲劇」から一夜明け、さすがに疲れていた事もあり10時頃に起床。実はこのまま寝て過ごそうかとも思ったりしたんだが、盆休み中にバイクのトラブルを抱えるとコアな部品の入手的に解決不能な事態に追い込まれそうな気がするので解決策を実行に移す事に。

昨日山形で起きた一件は、要するにバッテリーの寿命が来ているって事だろう。劣化した鉛バッテリーは自己放電が急激に増えると聞いた事があるが、この前の京都出張で一週間放っぽっておいただけで始動不能になったのはその前兆だったんだろうなぁ…気が付くべきだったよ…(涙)梅雨明け後はとにかく暑かった&炎天下に青空駐車なんで、バッテリー的には化学反応進みまくりなんだろうしね(汗)

まぁ丸4年間、液枯れを何度も経験させながら計8万キロも持ったんだから良しとしよう!(謝)

んでもって、多分在庫を用意しているであろう巨大ホームセンター「ジョイフルホンダ ひたちなか店」へ、昨日涼しい中を走りながら充電した関係で絶好調なバッテリーを積んでいるボロバイク自身で向かいますと…おっ!さすがは「ジョイホン」だっ!在庫が有りますなっ!値段はどれどれ…

1万4千500円!?…高けぇよっ!(涙)

ま、各種資源が高騰した折に値上がりしたまんまの値付けなんだが、FB14-A2と言う開放型バッテリーがこの値段って言うのはクルマ用のバッテリーと比べるとアホらしくなる値付けだよ…(涙)ま、2千円台で売っているクルマ用の特価品の40AHのバッテリーをバイクに乗せる訳にも行かないので…セゾンカードの一括払いで購入(爆)こうなる事が分かってれば、ヤフオクで海外製を買ってたよ。。。

開放式バッテリーの最初の儀式、希硫酸をバッテリーの各セルに注入する作業を「ジョイフルホンダ」の駐輪場で行ないつつ、お隣の海浜公園の夏フェスから聞こえてくるエレキのアドリブを聞いたりしながらバッテリーを換装完了。あっちは盛り上がってるんだろうなぁ…こっちは地味だけど(汗)

ま、バッテリーの初期の補充電をする為に軽く走りますかっ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください