現時点で使っているWordPressのプラグイン等

Yahoo JPがgoogleの検索エンジンを採用とのニュースが出ている事に便乗して、個人的なWeb関連ネタを整理(笑)ま、使っているWordPressのプラグインの紹介と言うありがちなページではありますが、個人的に後から振り返ると重要な話があったりしそうなので遠慮無くいきます。

2010年7月28日時点で使っているWordPressのプラグイン一覧

【Akismet】 スパム書き込み防止用の鉄板プラグイン
スクリプト等で書き込みを行うスパムに関しては、アクセスログを見るかぎり無敵っぽい。一々許可しないとコメントが反映されない設定は外してもいいのかも。ま、このブログに対するコメント自体がそもそも少ないという事実は…気にせずにこれからも生きていこうと思う…(爆)

【Disable Revisions and Autosave】 WordPressのパーマリンクの番号が連続ではなく飛び飛びになる事を防止出来るプラグイン
記事の番号が20とか平気で飛びまくっている事に気が付いて頭に来たので、その原因となっているリビジョン管理と自動保存機能を無効化するこのプラグイン。おおよそ期待通りの結果になるんだが、メディアの新規追加(写真のアップロードID)で付与されるIDも記事のIDと同じ扱いらしく、一記事書いて写真をアップロードして、一記事書いて写真をアップロードして…とやっていると、結局連番では無くなってしまう。まぁ350記事位しかないのにパーマリンクが2400番台という異常な状態に歯止めが掛けられただけでもいいんじゃないかと思っている今日この頃。

【Delete-Revision】 過去のリビジョンファイルを消す為のプラグイン
「Disable Revisions and Autosave」は今後の在り方を設定するものであって、今までに出来ているファイルはそのまんま。このプラグインを動作させるとリビジョンのファイルの実体が消去される。要するに「MySQL」のデータベースから削除されるので、データベースからのバックアップファイルとかを色々加工する場合には一度動作させておいた方が都合が良いと思います。でないと、同じ記事の違うリビジョンのデータが延々と出て来ますので。

【Disable WordPress Core Update】 WordPress本体のバージョンアップメッセージを表示させない為のプラグイン
このサイトは、@niftyのLacoocanというレンタルサーバで運用してるんだが、MySQLをVer5とかにアップデート出来ない(Lacoocan自身がやらない限り不可能)状況にも関わらず、目立つ所に「WordPressをアップデートして下さい!」(MySQL Ver5以降が必要)等と表示されるのがムカツクので入れたプラグイン。大した意味はないのだが、アナログテレビを今でも使っている視聴者がテレビの右上の「アナログ」と表示された部分を黒い紙か何かで塞ぎたくなるのと精神的には同じ状態だと思う。かつて白黒テレビからカラーテレビに移行していた時代にも、右上の「カラー放送」と書かれた部分を塞いでいた家庭が多かったと聞いた事がある(笑)

【Google XML Sitemaps】 WordPressのSitemapを自動生成させるプラグイン
名前に「Google」と入ってますが、Sitemapの書式(規格)は検索エンジン大手であれば共通ですのでこれだけでOKです。YahooとBing(MS)も、ジェネレートしたサイトマップの情報を基にクロールしにきてます。

【Ktai Style】 携帯電話の小さな画面用に記事を変換するプラグイン
自分自身、ドコモのFOMAでjigブラウザ(フルブラウザ的なもの)でネットにアクセスする事が最初っから日常的だった為にi-modeでPCサイトを見る事がどう言う事かを全く理解していなかったんですが…アクセスアップの一環として何も考えずに入れたこのプラグインで、携帯でPCサイトを見る時の見易さ・見にくさの差を理解しました。

【mg404Rewrite】 Apacheのmod_rewriteを他のwebサーバアプリでも使う為のプラグイン
Lacoocanのwebサーバは「zeus」というwebサーバ(要するにそういうアプリ)で動いてるんですが、使う側の人間としては、困った事にApacheとコマンド体系が違うんですよね。Apacheなら「mod_rewrite」モジュール?という使えて当たり前のコマンド郡が使えなかったりするので、「mod_rewrite」モジュールを使っているプラグインがまともに動かない事が多いんです。それが何とかならないかと思って入れたプラグインだと思うんですが、使われているのかどうか分からない&アンインストールすると何かが動かなくなるかもしれない気がして今日に至っております。Lacoocanで動かないハズのプラグインがこの中にもし有ったら、試しに入れてみて下さい。

【My Category Order】 カテゴリの順番を入れ替える為のプラグイン
随分長いこと、ラーメン食べ歩きの県別カテゴリの順番が滅茶苦茶だったんですが、このプラグインのおかげで「東北→九州」の一般的な県の並び順に変更出来ました。

【Other Posts From Cat】 同じカテゴリの記事のタイトルを一覧表示する為のプラグイン
自分自身も感じていた、当ブログの記事間のアクセスのし難さを解消してくれそうなプラグインとして導入。WassUpの生アクセスログを見ると、検索エンジン等からやって来た方の他ページへの遷移率?は確実にアップしているような気がします。

【Smart Update Pinger】 記事を新規アップした時にだけpingを打つ為のプラグイン
デフォルトのWordPressは、記事の変更を行っただけでもpingを打ってしまう仕様の為に入れてます。個人的には、これ無しでは大変な事になります(汗)

【WassUp】 WordPressに対するアクセスログを記録する為のプラグイン
大規模なサイトのロガーとしては役不足なのかもしれませんが、このサイトのような小さなサイトのアクセスログを取るには必要十分だと思います。生のアクセスログを見る事によって、webの仕掛けを理解するスタート地点に再度立てた気がしていて感謝してます。ただし、「WP Super Cache」を有効化するとロギング出来ないのかもしれないので、場合によってはお別れかもしれません。

【WP Multibyte Patch】 2バイトコードに対するパッチだったような。
デフォルトで入っていたなら「有効化」をおすすめします(笑)もちろん私も有効化してます。

【WP Super Cache】 WordPressの動的生成で出来上がったHTMLをキャッシュする為のプラグイン
このブログの表示レスポンスが遅すぎる事が気になって入れたプラグイン。実は今日入れたばかりなので「効果がある」事は確認しているが「まともに表示出来ている」かどうかは不明(汗)キャッシュにHitすると「WassUp」に足跡が残らない(多分処理順序の関係だと思うが)ので、結構快適なアクセス環境になっていると信じてます(願)

現時点で使っているWordPressのプラグイン等」への2件のフィードバック

  1. Disable WordPress Core Updateを早速導入しました。
    私がいま使っているサーバもMySQLが4なのでVerUPできない><

    それなのにメッセージが出るから「キィーー><」ってなります。
    これで今日からストレスが一個減りました^^

  2. ゲンドウさんはじめまして。私なんぞの情報でもお役に立てたようで嬉しい限りです。
    「WordPressカスタマイズ日記」拝見しました。お仕事でもWordPressの構築をされているのですか?最初の見た目の印象の良さが私のブログとは大違いです(汗)

    それから「WordPressサイトコンテスト」、良い結果が出るといいですね。今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください