LUMIX G1 & TAMRON 500mm F8 (アダプトール2 – FDマウント)

TAMRON 500mm F8 (FDマウント)

『タムロンのレフレックスレンズ「500mm F8」』(フード無し状態)恐らく使わないだろうから見てくれだけは撮っておこうシリーズ第一弾。

「CFD用アダプトール2」を装着して、FD→マイクロフォーサーズ。ん?マウントの変換具合を落ち着いて考えると「変換無駄の象徴」か?

G1(マイクロフォーサーズ)のCCDサイズ?と35mmサイズだと画角的には2倍換算という事なので…1000mm。

何に使うんだ?ってな疑問もあるが、LVFを覗いているとどうにかなりそうな気もしたのは確か。LVFでファインダー上「増感」されているからか、はっきり言って本来の35mm環境よりも使えるレンズな気がするなぁ。

あれっ…「使わないだろうシリーズ」では無いのか?

LUMIX G1 & TAMRON 500mm F8 (アダプトール2 – FDマウント)」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。

    いやいや、使えますよね、REFLEX。

    私はGF1にMAKINONの300mm REFLEXを付けてますが、TAMRON同様(いや、さらに)コンパクトなので、気軽に予備レンズとして持ち出してます。

    300mmだとギリギリ手持ち可能ですが、500mmだと厳しいかもしれませんが…。

  2. けいさんはじめまして。

    私恥ずかしながらつい最近になって「G1」の存在を知りまして(汗)
    死蔵状態だったFDレンズをくっつけてみて一番インパクトがあったのがこの組み合わせでした。LVFってこのレンズの為に生まれたんじゃないかしら?ってな位、良い組み合わせに感じます。

    500mmなので確かに手持ちは厳しいですが重さ的には結構軽かったりするので、活用してみようと思います。300mmは絶妙な長さっぽいですね。私も欲しくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。