襟裳の春は~♪ ~霧と無敵食堂と愉快な面々編~

温泉の森キャンプ場にて温泉の森キャンプ場にてお目覚め。雨とまではいかないが霧雨が凄い。のんびり今日の空模様のチェックをしていたら、NC700X仲間のお二人が先に出発。「若いの!先に襟裳岬に行ってるからな~っ!」

襟裳岬へ向かうお二人いや~俺より全然年上なのにお二人とも若いやね(笑)

待っていてもテントが干せるような状況にはならないので俺も撤収開始。まぁここまで来たら行き先は襟裳岬一択な訳でして。

結構長い間、目の前に競走馬運搬車がとっても安全運転で進んでいたんだが、あまりにも霧が凄くて追い越し禁止で無い場所でもぶち抜けず結果のんびり運転。

襟裳岬の駐輪場にてでまぁひたすら霧雨の中を南東に下り続けまして、襟裳岬だけ晴れなんて奇跡は起こらずに到着。

えり~もの~春は~何も無い春です~♪(C)森進一

ってかここそもそも春なのか?冬のような寒さなんだが。ちなみに先に出発したNC700Xのおじさま二人も到着済み。6台位のバイク野郎(全員おっさん)が来ていたんだが、あまりの霧の深さにあんまり散歩する気分になれないみたい。俺は俺で寒いと腰が痛いのであんまり出歩かず、トイレ休憩の後は何軒かあるお土産物屋さんの中の一軒「無敵食堂」へ。

昔ここに来た時はエンドレスで襟裳岬が流れていたような…などと思いつつ、軽くお土産物を物色してお目当ての奥の食堂へ。

【北海道えりも町】 無敵食堂 「えりもラーメン&つぶ丼セット」【北海道えりも町】 無敵食堂 店構え

何やらこの店の「えりもラーメン」が旨いという事なので「えりもラーメン&つぶ丼セット」。で食べてみての感想ですが…

旨いっ!(喜)

観光地で取りあえず腹を満たす系のラーメンでは無いですなこれは。細かい事は正直分からないですが、具は昆布と磯海苔が3種類にネギにツブ貝。塩ラーメンなのでスープの旨さも当然あるとは思いますが、載せている具の組合せが絶妙ってのもありそう。麺は普通と言えば普通なんだけど、塩ラーメンなのでこれでいいような。ドンブリはまぁ欲を言えばもっとデカい方がそりゃ嬉しいですが、ラーメンと一緒に出てくるのでこのサイズを超えるとラーメン食べ終わった後でってことになりそうなのでやっぱこのサイズかな?つぶ丼のつぶは少し濃い目の味付けなので丼物として美味しく頂けました。ご馳走様でした!

霧の向こうにNC700X襟裳岬は戻るか北東に進むかの二択しかない場所柄なので当然北東へ。そう言えば出発する間際にもう一台NC700Xがやって来た。いや~ほんと良く見るよ。長距離が楽な大型バイクの割にやたらと燃費良いから北海道向きってのはあるかもね。

黄金道路建設費用が黄金を敷き詰める程掛かった例えから呼ばれる黄金道路を抜けた辺りでようやく霧が晴れ、普通の曇り空に(汗)

こりゃ取りあえず温泉だなという事で、晩成温泉というちょっと珍しいヨード泉の温泉へ向かったのだが辿り着けず。色々考えるのが面倒なので分かりやすそうなナウマン温泉に目的地を変更して温泉を堪能。

風呂上がりに近場のキャンプ場を探してみると…何とこのナウマン温泉の裏手が無料キャンプ場という事が判明。はい、ここに決定です!

ナウマン公園キャンプ場にて15:30からのビールんな訳で近くのスーパーで買い出しをして、15:30にはすでにビールを飲んでいるの図。フライシートは…多分干しているつもりなんでは?(笑)

しばらく昼寝をして起きてみるとヒッチハイクで北海道を巡っているという沖縄からの青年が。そもそも彼はママチャリで北海道に来たそうなんだが森駅近くで走行中にフレーム分解の憂き目に遭い(相当錆びていたらしい)、結果的にヒッチハイクをしているそうな。あれっ?そう言えばさっき温泉に一緒に入ってなかったっけ?から始まり…中略…沖縄で安宿を経営している方だそうで一緒に何を話しても面白く二人で笑い転げていたら…

昨夜のお二人&ヒッチハイカーの若者&俺で宴会何と昨日のNC700Xのお二人も偶然ここに泊まるとかで4人で宴会開始と相成りました。いや~楽しい夜になったよ。皆さんありがとうございます!こういう時用のお客様用シェラカップも活躍したしね。

本日の食材ちなみに今回用意していた食材はこちら。イカ刺しと肉は食ったんだけど…何とホッケは宴会の後、寝ている間にキタキツネに食われたのでありました。。。

てめぇ!今度会ったらメットのしっぽにしてやっからなっ!(マジ)

2014_06_20ルート本日のGPSログはこちら。襟裳岬の北に神威岳ってのがあるんだけど、北海道って神威○って地名が多いよな。アイヌ語で「神の~」という意味らしいんだけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。