ヘプコのXPLORER トップケース45リットルは予想以上にデカかった

ヘプコのトップケース45リットルにテント・シュラフ・シュラフカバー・マット・カッパを入れてみた

キャンプ道具の収まり具合を確かめてみようと、ヘプコのトップケース(XPLORER45リットル)に試しに入れてみた。テントにシュラフにシュラフカバー、マットに合羽ってなところ。

皆サイズ的に縦置きしても蓋を閉じるのに問題無いので単純に突っ込んでみたんだが…まだ1/3近い空きスペースが。ここにストーブ始め調理器具一式にランタンやら着替え一組なんて楽に入りそう。こりゃ軽いキャンプツーリングならトップケースだけで充分ですな。

しかもNC700XのメットインスペースにはG1と少々の交換レンズ・PentaxQ1のほぼフルセット・お風呂セット・追加工具に500ml携行ガソリン缶とあれこれ入っているウエストポーチを入れてみてもこれまたスペースが余っているという…

何にも考えず、トップケースも付けずに近所に買い物に行くつもりで走っていたら気分良くなって…どこかの快活クラブに泊まる展開になってもメットインスペースのみで充分対応可能。

軽くキャンプツーリングをしたくなったらあらかじめトップケースを追加すればいい。習慣としてタンクバッグも追加するだろうから更に積載スペースが増える。いやはや…これは恐ろしく便利である。いい買い物をしたよ。ところでひとつ疑問なんだが…

サイドケース(2個)に入れる物…まだ何か残っているのか?(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。