キャンプツーリングの大物を小型化中…

左 新型マット&シュラフ 右 旧型マット&シュラフ

CB750からNC700Xに乗り換える時に気になっていたのが荷物の大きさ。何でも大きなリアバッグにぶち込めば良かった十数年?を過ごしてきた関係で装備の小型化とかを全く気にしてこなかった俺ではあるが、パニアケースだとサイズ的な無理が利かなさそうなので実はこの冬の間にチョコチョコ買い増ししてきた。

キャンプツーリングで大物と言えば「テント・シュラフ・マット」の3点セット。で…最新型のシュラフ&マットを買ってみた結果がこちら。

左が最新型のマット&シュラフで右が今まで愛用のマット&シュラフ。シュラフは安い化繊→羽毛に替えただけで対応温度アップ!(言葉的に難しいが、7℃→0℃対応へ進化)。マットも作りがいいのに小型化が。これは嬉しい!

左…兄貴に借りたテント 右…愛用のコールマンツーリングテント

お次は最後の大物テントなんだが…ツイッターその他でお世話になっている山屋の兄貴がテントを貸して下さるという事になりお借りした所…

全然違うよっ!(驚)

左が今回お借りしたテント。右が愛用のコールマンツーリングテント。コールマンツーリングテントは収納ケースがボロボロになってしまったので剥き出しという事もあり大きく見えるのは確かだが…こんなにコンパクトにまとまったテントを目にした事が無いので驚いた。これならトップケースに問題無く収納できそうだ。

う~ん。広げる前から欲しくなってきたよ兄貴!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。