グッドモーニング名古屋! ~さらば今回の旅の相棒よ…編~

【愛知県名古屋市】 シャポーブラン サンロード店 「モーニングバイキング」【愛知県名古屋市】 シャポーブラン サンロード店 店構え

名古屋と言えばホームにある立ち食い蕎麦屋の「きしめん」も旨いと有名だったりするんだが、今回は名古屋と言えばこれまた有名なモーニングセットを頂いていく事に。

まぁ実際の所、コーヒー一杯を頼んだらあれやこれやと大量の付け合わせ?を出してくるのは郊外のお店だったりするらしいのだが。まぁこう言うのは雰囲気を楽しめれば良かったりもする訳でして…個人的に苦手な地下街にある(名古屋の地下街って、曲線部分があったりして方向感覚が保てない…)シャポーブランというお店のモーニングバイキングを頂くのでありました。

そう言えば前回名古屋でモーニングを食べたのは、夕方5時までモーニングセットをやっているという、もはや何がモーニングなんだか良く分からない有名店だったな(笑)

こちらのお店は480円でパンが食べ放題になるお店でして、叔母様方が飲んでいた紅茶の方がコーヒーよりも量が多そうだという理由で紅茶を選択(笑)飲み物の注文の後は小さなバイキングコーナーでパンをお皿に載せまして…ゆで卵も1個取ってスタンバイOK。程なく紅茶も到着して食べ始めた訳ですが…う~ん。。。バイキング形式で無くって良いから、サラダ的な何かが欲しい所ですな。

俺、朝飯にはうるさい方でして…(普段朝飯なんて食ってねぇだろ…)

パンを食べながら今日の予定を考える訳だが…名古屋城は出張でガッツリ見物した事がある。そうなってくると名古屋市科学館かトヨタの産業技術記念館(トヨタが自動車では無く繊維製造会社だった頃からの展示があるらしい)辺りになるよなぁ。でもどちらもガッツリ見ると(と言うか見るならそうしたい)新幹線で帰る展開になりそうな気もするし。

今回は初日飛ばしたからなぁ…(特急+新幹線+ノドグロ…あぁ…)

そんな訳で、鈍行電車の途中駅で楽しめる事を思い浮かべると…まず最初に思い浮かんだのが浜松の餃子。これはいいね。確か俺、浜松市内で食った事があるのは海老フライカレーとかいう御当地感0のものだけな気がするし(笑)

他に何かあったかなぁ…とあれこれ思い出しながらパンを頬張りつつ紅茶を飲んでいると…

あ゛~っ!豊橋駅の「いなり寿司」が食いたいぞ~っ!

うんうん、あれは旨いよね…是非とも食べたいよね…

こんな感じに朝飯を食いながら昼飯を思い浮かべてニヤけ続ける俺なのであった…(爆)

柳橋中央市場そう言えばホテルから名古屋駅に向かう途中で柳橋中央市場ってな市場を通ってきたんだが、名古屋駅の至近距離にこんな場所があったのね。早朝見物&朝飯が出来る場所もありそうだし、名古屋にはまた改めて来る事にしましょうか。

*結局名古屋でやった事と言うと…前夜の飲みと朝のモーニングセットだけ?…(爆)

【愛知県豊橋駅】 稲荷寿し【愛知県豊橋駅】 稲荷寿し

名古屋駅から東海道線の鈍行(快速だけど…)に乗り込んで東進開始。途中豊橋駅の乗り替えでは待望のいなり寿司をもちろんゲット!ロングシートの車内ではありますが…電車に揺られながら美味しく頂いたのでありました。いや…ホントにコイツは旨いんですっ!

~その後…半分寝ながら本を読みつつ…熱海へ到着~

そんなこんなで東西にクソ長い静岡県の東の端っこ熱海に夕方到着。

ます寿司と友に熱海駅にて電車旅の個人的定番、ドンケのバッグと熱海駅で記念撮影。ドンケのバッグの前にいるのは富山駅で買った「ます寿司」ですっ!今回の旅の俺の相棒。電車の暖房にもろに当ててしまうと痛みそうだし…冷やしすぎるとご飯が固くなりそうだし…という訳でいつも心の片隅にいたんだよ。

金沢の兼六園を共に歩き、名古屋の地下街を共に迷い、名古屋へ再び来る事を共に誓い、金沢の居酒屋での支払い額に共に泣き

…そんな日々を描きな…♪ (コブクロの歌をパクるなっ!)

今のは照れ隠し。「僕は君に…太平洋を見せてやりたかったのさ」(後付けの男のロマン)

熱海駅「たこ棒」熱海駅「たこ棒」

熱海駅前の無料足湯

ま、そんなヨタ話はともかくとして、熱海駅前ではたこ棒をかじったり足湯を楽しんだりなど。熱海ってのは一度のんびりやって来てみたい観光地の一つだよな。

熱海から東京方面へは列車の本数が物凄く増えるので気楽なもんだ。適当な快速アクティーに乗り込んで東京へ。

アメ横 フルーツ屋【アメ横】 みなとや 「特盛丼&味噌汁」

毎度の事ながらアメ横で100円のパイン串を食い、向かいの「みなとや」で晩飯代わりの特盛丼を食って帰途につくのでありました。いや~のんびりしてていい旅だったな今回も。

 

*追伸 帰宅後、相棒と別れるその瞬間がついにやって来ました。。。

【富山】 ます寿司(外観)【富山】 ます寿司(中身その一)

パッケージを開けると…こんな感じに締め付けられている相棒。直ちに救わねばなりません。

【富山】 ます寿司(中身その二)【富山】 ます寿司(中身その三)

ようやく本来の姿に戻ってくれました。

【富山】 ます寿司(中身その四)【富山】 ます寿司(中身その五)

 ます寿司の表裏は笹を開けた時に鱒が表に来るタイプと裏に来るタイプがあるそうで、今回購入したます寿司は裏に来るタイプ。そんな訳で画的に一部分をひっくり返してみたのがこちら。

富山から共に歩んできた相棒は3日間の熟成期間を過ごしてきた訳で…パクッ!(旨いっ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。