「日立港 秋の味覚まつり 2012」に行ってきた

「日立港 秋の味覚まつり 2012 アンコウ吊し切り」

日立市役所で無事手続きを済ませた後は、近所の「日立港 秋の味覚まつり 2012」へやってきた。

「日立港 秋の味覚まつり2012会場」

昼過ぎから雨の予報という事もあってか、まだ開場したばかりの10時というのに既にこの人出。こちらは海鮮バーベキュー会場。

で、グルッと会場を一廻りしたタイミングでアンコウの吊し切りが始まったので見学開始。今回のアンコウはちょっと小さめの10キロものだそうだ。

アンコウ吊し切り1アンコウ吊し切り2アンコウ吊し切り3(肝)

こちらは前半の三枚。漁師さんの手に掛かればご覧の通り包丁一本であっという間に皮を剥がれて肝まで取り出し完了。簡単そうに見えるが結構難しいらしい。

アンコウ吊し切り4アンコウ吊し切り5アンコウ吊し切り6(口だけ)

そして後半の三枚。あれよあれよという間に口だけになってしまうのでありました。この後はもちろんアンコウ汁に姿を変えたハズ。ちと時間の関係もあって頂く事は出来なかったんだけれども。

アンコウの吊し切り自体は大洗とかの旅館街の道端とかで結構頻繁に目にする事が出来るので、興味のある方は是非どうぞ。もちろん食べていって下さいませませ。

【日立港 秋の味覚まつり 2012】 久慈浜しらす丼【日立港 秋の味覚まつり 2012】 常陸牛串焼き

もちろん屋台のコーナーにも旨そうな店が沢山あって、大甕のアパート近くの中華屋さん天海も「しらすとザーサイのかに玉チャーハン」なるメニューで参戦中だった。天海は元々今回の会場「日立おさかなセンター」で営業してたんで、凱旋帰国みたいな感じだね。

お互い分かりやすい顔をしている天海のフロアを切り盛りしている方と挨拶を交わしたりしまて、今回は久慈浜しらす丼&常陸牛串焼きを頂いたのでありました。もちろん天海のチャーハンも行きたかったのだが…

朝飯2回食ったばかりなもんで…スミマセン。今度お店で頂きます(謝)

アンコウ汁に後ろ髪を引かれる思いではあったが、鹿嶋に行かねばならなかった事もあり会場を後にしたのでありました。この後はときわ路パスで鹿嶋まで往復。

「今日のわんこ(駄犬ハッピー)」

鹿嶋では駄犬ハッピー君がお出迎え。洗い立てで綺麗だな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。