「小名浜市場食堂~天山文庫~草野心平生家~スパリゾートハワイアンズ」ツーリング

【スパリゾートハワイアンズ】 グランドポリネシアンショー

~グランドポリネシアンショーにて~

イマイチな天気予報だった割にはそれなりの?天気っぽいので軽くお出かけを。今月末で期限が切れてしまうスパリゾートハワイアンズの入場券があったりするので行ってみるというのが今回のお題目。

しかも今朝起きて突然決めた為、男一人で乗り込むという荒行に…(爆)

ま、取りあえずは飯なので…高速使ってお隣福島県の小名浜にある市場食堂へバキューンと移動。市場食堂は小名浜漁港の2Fから、対面の建物の2Fに移転してます。

【福島県いわき市】 小名浜漁港 市場食堂 「刺盛定食」【福島県いわき市】 小名浜漁港 市場食堂 店構え

刺盛定食を頼んだところ、結構な量の刺身が到着。前回来た時よりも盛りに勢いがありますな。震災前の盛りは刺身定食でもこれの1.5倍近くあったんで、小名浜漁港の完全復活に期待したいところ。それから茶碗蒸し付き&アジフライがカットされて器に入っているという若干お洒落な雰囲気になってましたな。

ちょっと寂しい雰囲気の漂う小名浜漁港を窓から眺めながらもちろん完食。ご馳走様でした。また来ま~す!

スパリゾートハワイアンズの目玉のフラダンスショーは夜に開催らしいので、先週見学し損なった川内村の天山文庫へ行く事に。いわき市内から30キロって感じかな。

【福島県川内村】 天山文庫【福島県川内村】 天山文庫 1F

先週とは違う阿武隈民芸館の管理人の方に連れられて、詩人の草野心平が別荘のように過ごしていたという天山文庫を初めて見学。重厚な茅葺き屋根の2階建ての家でして、囲炉裏のある一階部分はいかにもってな感じだが、二階のベッドは意外と言えば意外だったな。何となく畳の上に布団を敷いて寝ていそうなイメージだったので。

見学していたのが俺一人だけだった事も有り、管理人の方から色々と天山文庫の事、そして草野心平自身の事について色々と詳しく話を聞く事が出来た。これは嬉しかったな。

【福島県川内村】 天山文庫 酒樽の書架 外観【福島県川内村】 天山文庫 酒樽の書架 内部

こちらは天山文庫の敷地内にある草野心平の蔵書が納められている小屋。何だかキノコみたいな形をしているが…良く見ると日本酒の仕込みに使われる大きな酒樽をひっくり返して書庫として使っているのであった。

会津から昭和41年に運び込まれた酒樽だそうでして、これを見れば分かると思うが…とにかく草野心平は無類の酒好きだったらしいので…

それだけで「いい奴」だろ?(笑)

【福島県川内村】 阿武隈民芸館にて「天山文庫見学 阿武隈民芸館にて頂いたお茶」

阿武隈民芸館を再び見学して帰ろうとしたら、管理人の方からお茶を頂いた。ここからは川内村の今の様子とお国自慢を伺う事に。阿武隈民芸館の正面のテラスから見える山に建つアンテナが、電波時計でお世話になっている日本の北半分をカバーする標準電波の送信局、おおたかどや山標準電波送信所で、結構嬉しそうに話をされているのが印象的だった。この度は色々と有り難うございました!管理人のおばちゃん!

この後はいわき市内方面へ戻るのだが、通り道のいわき市小川町(旧上小川村)に草野心平の生家があるのでこちらも見学。

【福島県いわき市小川町】 「草野心平生家」【福島県いわき市小川町】 「草野心平生家」

15:50に生家に辿り着いたところ、どうやら見学時間は16:00までらしく…ちょうど鍵を掛けているタイミングだった。いかにもバイク乗り的な格好をした俺みたいなのがやって来た事に少々驚かれていらっしゃった様子だったが、人なつっこそうな管理人のお爺さんに「中見ていくっぺ?」的な事を言われて生家の中を見学開始…というかお爺さんの解説開始(笑)こちらは生家という事もあり、草野心平の人となりの解説?がメイン。その中でも「金は無いけど酒だけは毎日飲んで、借金を何度も踏み倒して…文化勲章もらうまではここ小川町でもあんまり注目されてなかったっぺ。」という正直なお話には思わずクスクス笑ってしまったよ。

品行方正な奴よりも、泥臭さを持っている人間的なタイプな奴の方が俺は好きだけどね(笑)

「草野心平の詩にはほぼ間違いなく句点(。の事ね)があるんだよ…」という解説をしながら詩集を一生懸命繰って下さったのはいいんだが…ごく初期の詩集を開いてしまっているが故に全く句点が無かったりしたのはご愛敬。色々と話を聞かせて下さった管理人のお爺さん、有り難うございました!

そんなこんなで草野心平の生家を後にして、いよいよ「いわき湯本」にある常夏リゾート「スパリゾートハワイアンズ」へ向かう俺。

「姉さん…いよいよです…」(TVドラマ「HOTEL」のナレーション風味)

「スパリゾートハワイアンズ 入場口」何とか日が落ちる前にスパリゾートハワイアンズに到着。人が少ないタイミングで写真を撮っている関係で閑散としているように見えるかもですが、物凄い人数の家族連れが行き交ってます。

1000円の前売り券で入場した後、さすがにプールに入る事は無いだろうと言う事でアロハの上下をレンタル。ぱっと見た感じ水着やら何やらをレンタルしている方はあんまり居ない様子。まぁほとんどが家族連れでプール目当てだろうからなぁ。

更衣室ですでにプール特有の塩素臭を嗅いだりしながらアロハに着替えまして…まずは「江戸情話 与市」なる露天風呂へ。残念ながら写真を撮ったり出来ませんが…第一印象は…

 デカいっ…とにかくでかいっ!(驚)

これいったい何人入れるんだよっ?と聞きたくなるような広大な露天風呂。それもそのはず面積において「ギネス記録」を保持している世界最大の露天風呂なのでありました。ざっと数えたところ…50人程が湯船を楽しんでいたんだが…

スッカスカ…(笑)

それから「いわき湯本」に位置する事もあり、お湯は掛け値なしの天然温泉。そもそもメイン施設の温水プールの水?自体も天然温泉だったりするそうでして、まさに温泉パラダイス!

この豊富な温泉の湯量が故に、炭鉱として栄えていた頃のこの地はこのお湯に悩まされ続けてきたというかつての博物館の展示を思い出した。「いわき市石炭・化石館」で色々学べるのでこちらもお勧めです。

以前行った博物館の汗だくの炭鉱夫(婦)の姿を思い浮かべながらお湯を楽しみまして…風呂上がりに、時間的にはちと早いが晩飯を。

【スパリゾートハワイアンズ】 カウカウ 「ロコモコW&ポリネシアンパイン」ロコモコ・ダブル&ポリネシアンパインなるものを頼んだところ…こんな状態に。

どっちがメインだよっ!(笑)

*食べ物の写真は公平性を保つ為に今まであえて小さい写真しか載せなかったこのブログではありますが…良く見て欲し…(以下省略)

ポリネシアンパインに2本刺さっているストローをものともせずに…完食!いやぁ…もしかして男一人でも楽しめるんじゃないのかここ?全く違和感ないんだが。

食後はお目当てのフラダンスショー(グランドポリネシアンショー)を見学。土曜日という事もあり開演30分前にはすでに自由席はほぼ満席に。悪い事は言いません…少々お金は掛かりますが、特に家族連れの皆さんは思いきって別料金を払って指定席を確保してしまう事をお勧めします。1時間前から場所取りしたり、立ったまま1時間近いショーを見物するのはあんまりいい思い出にはならないような気がします。

【スパリゾートハワイアンズ】 グランドポリネシアンショー(ファイヤーナイフダンサー)グランドポリネシアンショーが始まり、冒頭で華麗なファイアーダンスを披露してくれた「ファイヤーナイフダンサー(ムキムキな男性陣が凄い!)」の様子を紹介したかったのだが…

写真的に全滅な為…最後の方の踊りの写真でご勘弁を…あぁ…(涙)

【スパリゾートハワイアンズ】 グランドポリネシアンショー今回陣取ったのは1Fの最奥なんだが、ステージとの距離は結構近かった。地方のライブハウスの立ち見席ってな感じかな。だから長めのレンズは無くてもいいが、明るいレンズが無いと駄目そうだ…(というか駄目だった…)

【スパリゾートハワイアンズ】 フラダンス体験コーナー幕間のフラダンス体験コーナーでは舞台上にこの人出!物凄い人数の子供達(もちろん大人も)が舞台の上で腰を振ってます。プロのダンサーの方とは当然腰の動きが全然動きが違いますが…それはそれだよね。こういう体験はしたもん勝ちだと思うよ(笑)

 

ショー自体は思っていた以上に民族色の強い激しいダンスでして、もっとノンビリしたショーの雰囲気を勝手に予想していた俺としてはかなり予想外。ポリネシアの民俗音楽に対して興味が湧くような体験となった。もちろん途中に「映画 フラガール」の場面を彷彿とさせる場面が織りまぜられていた事を紹介しておきたい。いやぁ…これは俺も「映画 フラガール」を一度観てみたくなったよ!えっ…お前…もしかして…映画まだ観てないの…?

映画「フラガール」くらい観た後で、ハワイアンズへ一人で行けよっ!(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。