会津の秋はもうすぐ… ~変わらぬ美しさと、変わらぬ日常と…編~

「猪苗代湖方面から望む磐梯山」

 ~猪苗代湖方面から望む磐梯山~

「朝のライダーハウス風来坊」「7号船」

昨夜の盛り上がりの後は、各自持参の寝袋で爆睡しまして…

今日もいい天気なのでありますっ! (喜)

明るくなって改めて見直すと、自家用車も多いがバイクもやたらと多い今朝の「ライダーハウス風来坊」。

こちらの宿の本来の姿は飾らないペンション?だったりするので、この冬はワカサギ釣りに伺ってみたいと思ってます。スノーモービルの後ろに乗ってみたいってのもあるしネ。

本来ならば美人女将さんに挨拶なしでは出発出来ない場面ではあったんだが…俺のバイクが後ろの出入り口を塞いだような状態になっていたので、ライダーハウス風来坊から最初にさようなら。皆さん元気でね!

「朝靄の上を行く磐梯吾妻スカイライン」

そんな訳で、早朝の磐梯吾妻スカイラインの途中はこんな感じ。朝靄の上を走れる爽快感!(正直言って、写真を撮るにはちと厳しい…)

「浄土平」「玉こんにゃくに玉子」

「果汁100% 桃の恵みジュース」「焼よもぎだんご」

浄土平で休憩がてらあれこれ(玉こん・ゆで玉子・桃ジュース・よもぎだんご等)をパクつきまして…

「バイク用リアカー?」バイク用のスタイリッシュなリアカーに熱視線を送ったりして…(これいいっ!)浄土平を後にしたのでありました。

【福島県猪苗代町】 Hero'S DINER(ヒーローズ ダイナー) 「秋茄子のラー油仕立てバーガーセット」【福島県猪苗代町】 Hero'S DINER(ヒーローズ ダイナー) 店構え

会津若松で何か食べようとも思ったんだが時間の関係&興味を持った事もあって、猪苗代湖の湖畔近くの県道7号線沿いにある「Hero’S DINER(ヒーローズ ダイナー)」の巨大ハンバーガーを頂きにやって来た。

そもそもがハーレー関連のバイクショップ?という事もあり、店内外の雰囲気はもちろんお客さんもそっち系な方多し。ま、怖い方々な訳ではないんで皆様お気になさらずに(笑)

上手い事停まっているバイクを外して撮った店構えの写真も…実はあっという間にバイクで埋まったのでありました。

どれもみな旨そうだったんですが…月替わりの一品「秋茄子のラー油仕立てバーガー」ってのにピンときたのでこちらを注文。

待つ事5分程でやって来たのは直径12cm近い巨大バーガーっ!(喜)

いやぁ…確かにデカイ。それでは頂きま~す!

こいつは旨いっ!

何と言ってもバンズのフカフカ感が新食感。何と言えばいいんだろう…フランスパンのカリカリな外側とクロワッサンの内側を合体させたような食感。全然大味じゃぁありません。秋茄子にかじり付きながら外を眺めていると、何やら古いハーレーにおっさんが乗ってやって来た。ハーレー乗りってのは変わった奴が多いよなぁ…等と思いながらアイスコーヒーを飲んで外に出たところ人集りが…。さっきおっさんが乗ってきたバイクだよね。どれどれ…

「普通に走ってやって来た陸王」え゛~っ!「陸王」に普通に乗るってかっ?しかもドカヘルで…(爆)

まったく…いつまでも夏の陽気だと世の中おかしな奴だらけになっちまうから、とっとと秋になっておくれよ(笑)

この後はひたすら国道49号を東に向かい、郡山から国道288号を更に東へ。

徐々に人々の生活臭が薄れていく中、大熊町・双葉町方面へ向かう道路は封鎖され、相も変わらず国道399号への迂回を強いられた。

…今も変わらぬ光景がここにはある…

ただでさえ賑やかさとは程遠かった国道399号沿いではあるが、徐々に人々の姿が戻ってきているのも確かだ。ある方は軒先の土をこそぎ落とし、ある方は荒れ果てた畑の手入れをし、ある方は押し車の上に座ってじっと畑の方を見つめていた。

…みんなお歳を召した方ばっかりだ…

そんな中、震災の後一度来てみた時は閉鎖されていた川内村にある草野心平ゆかりの「天山文庫」は再開されていた(実際は施錠された直後だったんだが)。

麓の阿武隈民芸館を見学し終えたところで施設を管理されているお二方としばし雑談。鍵開けましょうか?と言われたりもしたが、また来ますから…という事で。そう言う事なら来週にでも来ますから(笑)

「見た感じ、川内村のお店は結構再開しましたよね?」と聞いてみた所、「食料品を売っているお店が近くになくってねぇ…」との事だった。まだまだ普通に暮らすまでには至っていない様子だった。

それから何の前触れもなく突然お葬式の花輪が家の前に飾られてしまうのが辛いとの事。多くの方々がそれぞれ遠くへ避難している関係で、人の気配の全くしない家に突然花輪が飾られてしまうのだそうだ。

…こんな感じに、ちょっと色々考えながら川内村を後にしたのでありました。

俺にとって国道399号という道は、かの震災がやってくるまでは仙台方面からツーリングで帰ってくる時に走るクソつまらない下道の代表格だった。それが今回の事故により、色々と考えてしまう道になってしまっている。走る度に辛くなったり、悲しくなったり、頭にきたりする訳の分からない道。

だからこれからも走るだろう。走ってみたところで何にも変わらないにしても…

2012_09_16_ルート

こちらは今日のGPSログ。いつになったらこの軌跡が変わるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。