秋田ツーリング後半戦 ~冬が来る前に…東北の太平洋沿岸を…編~

「奇跡の一本松」

~陸前高田の奇跡の一本松~

正直言って今日は終日雨だと思っていたので、たらふく飲んでのんびり起きたら…

…雨降ってねぇじゃん!(喜&涙)

秋田のビジネスホテルのネバネバ系朝食そんな訳で急いで荷物を積み込んで走り出したと言いたいところだが…のんびり朝飯を頂いて(秋田の朝食はネバネバ系食材だらけだったな)、お茶を頂きながら…

新聞の地方欄の「能代ロケット実験場特別公開」の報道具合をチェックする俺(あのなぁ…)

地方欄をジロジロと眺めていたら、知らない方がいい情報も沢山あった。「秋田ビアフェス 2012」なる地ビールの催しが昨日大盛況だったらしく…何と今日も行われるらしい。

行きたいけど…今日帰るバイク乗りの俺が行ける訳ねぇよ…あぁ…(涙)

今日の過ごし方としては秋田をのんびり巡って高速使って一気に帰るってのも選択肢の1つとしてあったんだが…この微妙な空模様だと早めに南下してしまった方が良さそうなので秋田道で一路東北道方面へ。

途中、絶対に雨に降られるだろうと思っていた秋田&岩手県境でも雨に降られる事無く、B級グルメの焼きそばで有名な横手市でも晴れ間が広がるという予想外の展開!ほんとに雨が一滴も降っていないのよっ!

この後は水沢ICで東北道と別れを告げ、国道397を時折休憩を挟みながら東へ進んで大船渡の沿岸部まであと少しの地点で…何故か突然「使徒」がやってきた。

「エヴァンゲリオン風味な道路工事標識」道端にエヴァンゲリオン風味な道路工事標識が…。誰だよこれ作った奴っ!(爆)

一気に「現場」まで行ってしまおうかとも思ったが、三陸鉄道南リアス線の北端の駅「盛駅」ってのがちと気になったので立ち寄ります。

「三陸鉄道南リアス線 盛駅」お隣のJR大船渡線も震災の影響で運休中という事もあり閑散としていると思ったら、なにやらお祭り的なイベントが行われていたので結構賑やかだった。

「三陸鉄道南リアス線 盛駅にて」駅に停めてある車両を見学してみたり、フランクフルトを頂いたりなんかして海岸線へ。

「バイク始動不能&立ちゴケした思い出のガソリンスタンド」現場です…俺のバイクはこのガソリンスタンドで始動不能に陥り…立ちゴケしました…(涙)

冗談はさておき、「2011・3・11 津波到達ライン」と屋根に書かれているのが分かるだろうか?信じられるか?ここまで波が来たんだぜ。

「俺的コクリコ坂から」何なんだこの写真はっ!と思われるかもだが、この小料理屋さんの駐車場の坂道で俺のボロバイクは息を吹き返したのであった。俺にとっては思い出の坂。写真左の坂でエンジン掛かったのよ!

「この坂をコクリコ坂と名付けてくれっ&ついでに世界遺産登録を!」(無理)

大船渡も大きな被害を受けた地域ではあるが…幸いな事に高台が多い地形だった事もありバラック形式の店舗が多数営業を再開しているのが印象的。

この後は冒頭の写真、「奇跡の一本松」で有名な陸前高田市へ。かつては広大な瓦礫の街だったこの大平野だが…目立った瓦礫はもう無い。

そして奇跡の一本松以外、今はもう何もないままだ。一軒のガソリンスタンドが復旧した位しか前回との違いが俺には見いだせないのが微妙なところでもある。しかもこれを書いている最中、この奇跡の一本松も保存の為とはいえ一旦伐採されてしまったそうだ。

「陸に押し流された気仙沼の大型漁船」陸前高田を後にして、リアス式海岸を縫うように走る国道45号線をひたすら南下。気仙沼の北の入り口では今も陸に打ち上げられた大型漁船の姿が道沿いに存在する。船と海とを隔てる真新しい道路と電柱と信号機の存在が、ここに住む人々の決意を物語っているように思う。

【宮城県気仙沼市】 復興屋台村 あたみ屋 「ネギらーめん」【宮城県気仙沼市】 復興屋台村 あたみ屋 店構え

気仙沼でかなり遅めの昼飯を。復興屋台村で海鮮丼でも…と思ったら、軒並み仕込み中だったので「あたみ屋」さんでネギらーめんを頂いたのでありました。辛いものを食べるとすぐに汗だくになる俺という事を知ってか知らずかあれこれ心配して下さった女将さん、ご馳走様でした!また来ますよっ!

その後は上下左右にくねくねと進む国道45号線を走りながら…海沿いはもちろん、高台ですら住宅の基礎部分ばかりが広がる光景を目にしながら思う。何でここにわざわざ俺は足を運んでいるのか…と。

見ないで済むなら見ない方が幸せな光景っていうのはもしかしたらあるんじゃないのか…

「南三陸町の商店街」

そしてこちらも被害の大きかった南三陸町の入り口にやってきた。沢山の旗が掲げられた仮設商店街があったので小休止。

「南三陸町の商店街 たこ焼き」「南三陸町の商店街(たこ焼き屋さん)」

 「橋脚だけになってしまった国道45号線」

橋脚部分しか残っていない本来の国道45号を眺めながら「多幸のたこ焼きネギマヨスペシャル」を頬張る俺。

「よみがえれ故郷 ふんばれ 南三陸町」南三陸町の中心部では、辛うじて残った鉄骨の建物で沢山の外国人ボランティアの方々が汗を流していた。皆さん本当にありがとう。故郷はきっと誰にとっても大切な場所だ。

ふんばれ南三陸町!

日没までに女川に辿り着けるのでは?と思っていたんだが…豪快に道を間違えた関係で女川町地域医療センター(旧女川町立病院)の駐車場に辿り着いたらすでに真っ暗。

そんな訳で残念ながら写真は無いが、こちらも街並み自体はほとんど変わっていない印象だ。でも秋刀魚の水揚げが始まったという明るいニュースも耳にしている。また来るよ!

「石巻市街にある3D漫画像」そんなこんなで、もはや夜と呼んでしまっても良い19時に石巻に到着。石ノ森萬画館は再開の工事が始まってた。そして商店街のヒーロー像に「よく残ってたなぁ…」などと呟いてみたりなんかして、ここからは高速使ってバキューンと家まで帰ったのでありました。

2012_09_09_ルート今日のGPSログはこちら。随分と縦に長いなこりゃ(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。