小名浜港づくしの日曜日(その一) ~遊覧船&オールドカーミーティング~

「寂しい小名浜港」

ホテルに泊まっても何故か寝袋で目覚めた朝は、昨日も入った「さはこの湯」へ。朝8時からやっているのは嬉しい限り。気分良く朝風呂を楽しんだ後は小名浜漁港へ。

先日ニュースになっていたが、この港で水揚げされたカツオには築地市場で結局捨て値しか付かなかったそうだ、何とも残念な話である。そういう状況と言う事もあり、物理的な復旧工事は完了しているものの漁港に人影は殆ど無い。

これは見知らぬ誰かが引き起こしている問題では無く、我々自身が引き起こしている問題なのだと心に留めておきたい。

この後は目と鼻の先にある、昨日もやってきた「いわき・ら・ら・ミュウ」へ。昨日乗り損なった観光船の出港時刻を確認すると…おぉ!もうすぐ出港時刻ではないですかっ!もちろん「いわきデイクルーズの観光船」に乗船なのです。

「いわきデイクルーズ 遊覧船 ふぇにっくす」

こちらが今回乗り込む観光船「ふぇにっくす」。観光船だけれども双胴船だったりして、何だか速そうな船だ。

それでは「小名浜港内めぐり航路」に出発!

「遊覧船と言えばカモメにかっぱえびせん」観光船と言えば、カモメとかっぱえびせんてのはもはや定番の光景ですな(笑)

「石炭などの大規模埠頭が並ぶ小名浜港」小名浜港はかなり大きな埠頭をいくつも備えた港でして、石炭を始めとする鉱物類が大量に扱われている輸入港。そんな訳で港で良く見るコンテナ類はあんまり無く、雨ざらし状態の石炭やら何やらを平積みにしている光景が特徴的。どういう仕組みなのか一度近くで見てみたくなる大きなクレーン?のような物が。多分中を石炭が通るんだと思うんだけれど。

こんな感じに、のんびりと「いわきマリンタワー」のある三崎公園を眺めたりしながら1時間程の遊覧を楽しんだのでありました。

「遊覧船から眺めるアクアマリンふくしま」こちらは海側から眺めた、透明な外壁が特徴的なアクアマリンふくしま。はて、一体どんな水族館なんだろうか?船の上から眺めていても楽しみになってくるよ(喜)

「CBX1100がずらり」遊覧船を楽しんだ後、何やら駐輪場にバイクが沢山駐まっている。一応写真を撮っておこうと近づいてみて驚いた…

「CBX1000」

うげっ!これ全部「CBX1000」じゃねぇかっ!(驚)

このCBX1000、今なら作ろうなんて思わないであろう構造でして、バイクのガソリンタンクの下に直列六気筒エンジンを載せている。実は乗りにくいんじゃ無いのかってな位にエンジンがはみ出してまして、冬場は足に風が当たらなくって温かそうだけど、夏場は暑そうだよなぁ…それにしても皆さんキレイに乗ってますなぁ…

 俺のCB750もホイール銀色な筈なんだけど…色落ちしたのか黒いんだよね…(洗車しろ…)

「いわき・ら・ら・ミュウ」と「アクアマリンふくしま」の間にある「小名浜美食ホテル」前では「オールドカーミーティング2012」が開催されていて、文字通りクラシックカーがズラリ集結中。

「第4回南東北&北関東オールドカーミーティング2012」こう言うレトロ系な車(一番手前は古き良き時代の日産サニー)もあるし…

「ランボルギーニ・カウンタック」昔のポルシェやらスカイラインなどのスポーツカーの中には、ミニカーでは無くて本物のランボルギーニ・カウンタックまでもがあったりするのであった。ミュージアムとかでの展示では無く、普通にここまで乗ってやって来たんだから凄い光景だよな。

~この後は もちろんアクアマリンふくしまに行ったんだが、ちと長くなりすぎてしまうので別記事にて~

アクアマリンふくしまを堪能した後はちと遅めの昼飯を「いわき・ら・ら・ミュウ」で。

【福島県いわき市】 いわき・ら・ら・ミュウ 寿司正 「三色丼」【福島県いわき市】 いわき・ら・ら・ミュウ 寿司正 店構え

寿司正というお店で「カツオ丼」を食べようとしたら残念ながら売り切れとの事だったので「三色丼」を。イクラ・ホタテ・カニの身の三色丼でして、久々にカニの身をほぐしながら無言になるのでありました。

ま、一人で食べてて色々喋っていたら、それはそれでおかしい訳だが…(汗)

残念ながら近くの小名浜漁港の食材が使われている訳では無いんだが、「卵が先かニワトリが先か」的な展開に付き合うつもりはさらさら無いので、小名浜港を眺めながら美味しく頂いたのでありました。ご馳走様でしたっ!おまけ?のカニの味噌汁も旨かったです!お隣のカップルの食べていた寿司も旨そうだったな。

「小名浜美食ホテル ジュースバーdorieの厨房に飾られていたCB750 FOUR(K0)」【福島県いわき市】 小名浜美食ホテル 店構え

そう言えば小名浜美食ホテルのジュースバーdorieでキウイジュースを頼んだ時の事。厨房の棚の上に何故か飾られていたCB750 FOURのプラモデル?が目にとまったので写真を撮ったら、どうやらレジを担当されていた方の旦那さん(旦那さんはラーメンを作ってた)のものだったらしく…

「あれ…主人が本物売っちゃったから、ディアゴスティーニの付録で作ったものなんですよっ!」と声を掛けられたのであった。

厨房でお忙しい御主人とは全く接点がなかったが、きっと良い方だと思います。

CB750に乗る人に悪い人なんていないのよっ!(笑)

2012_06_03_ルート

今日のGPSログはこちら。最後は県道を開拓しながらのんびり帰るのでありました。次の記事は「アクアマリンふくしま」の記事になるんですが、この一帯は化石が発掘される地域と言う事もあって化石関連の博物館も結構多いので、近いうちに行ってみたいなぁと感じた週末なのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。