やっぱりGWは東北へっ! ~女川・南三陸・気仙沼・陸前高田・大船渡でまさかの…編~

「南三陸町の桜」

御番所山で迎えた朝はいい天気。ま、トイレも水道も使えない場所ではあったが、お隣の学生さんと共に爽やかな朝を迎えることが出来たのであった。

「俺と若者のテント」「御番所山から眺める朝の風景」

牡鹿半島の突端に突き出した太平洋側の御番所山からの眺めは素晴らしかったが、写真に撮ってみると今イチだったりするので小さめのサイズで(笑)

俺はこのまま北上するつもりなんだが、学生さんは西の方に位置する田代島に沢山いると言う猫を見に行ってみたいので船に乗るつもりだと言っている。多分、鮎川港から船で渡ると思うんだが…まともに運航しているのだろうか?昨日の夕方通りがかった時には運休の雰囲気を感じたりもしたんだけれど…あえてその事は伝えずに、一足お先に俺は出発。

バイク乗りの若者よ…自分の目で確かめてこいっ!

もちろん俺達バイク乗りも旅先で色々と情報交換をしたりする。「あそこは良かった!」とか「あそこは今イチだった」とか。教えてもらった情報で思いがけない場所に辿り着ける事も多かったりするが、自分が行こうと決めた場所には自分の足で実際に向かってみるのが一番だ。旅に効率を求めてしまうのはある意味勿体ない事だと思うよ。

もしも今回辿り着けなかったのなら…また来ればいいだけの事。ただそれだけだろ?

そんなこんなで若者と別れた俺は牡鹿半島の県道を駆け抜けて一路女川へ向けてひた走ります。リアス式海岸の南側の入り口という事もあって、海沿いではあるが結構な高所を進んで行く。

実は昨日も感じたんだが…走っていて去年の光景と違うと感じるのは、仮設住宅が高台の小さなスペースに沢山出来上がっているという事。それはもちろんあの頃の状況を考えれば喜ばしい事なのだとは思うのだが…その数は10箇所や20箇所なんぞという話では無い。そしてそのどれもが公共交通機関とは接続出来ていないであろう場所に立地していて、自由に外と行き来するには自家用車や臨時バスなどの手段を使っても相当な時間を要するであろう場所に立地している。そこに暮らす方々にはお歳を召された方も多いであろう事を考えると…正直複雑な気持ちになる。

「女川の街並み」写真は女川原子力発電所の脇を通り抜け、去年もK氏と一緒にやって来た女川医療センターの駐車場から見る女川の街並み。あんまり変わっていないようにも思えるが、瓦礫はさらに片付けられ、桟橋までの道も整備されている。それに何と言っても女川漁港の近くにある製氷工場が操業を再開しているという事は、漁が再開した事を物語っている。この街は少しずつではあるが、着実に前に進んでいる事を感じた。

「女川医療センター おちゃっこクラブ」そうそう、女川医療センターの駐車場には「おちゃっこクラブ」なるカフェ?も出来ていた。どうやら高台にあるこの病院を起点に街の再生を図る予定らしい。「女川カレー」に心を引かれたのだが、ちと早すぎる時間という事で今回は断念。

…また来ます!(約束)

この後は間違えて小冨士山のまわりをぐるっと廻ってみたりしつつ、さらに北上して南三陸町へ。

「南三陸町 神割崎」南三陸町も津波の被害が多かった場所であるが、元々厳しい自然環境であるが故に出来上がっている観光名所は当然の事ながら今日も健在だ。神割崎も見事に真っ二つ。是非実際に足を運んで見てみて頂きたい光景だ。

そうそう、神割崎のオートキャンプ場には仮設住宅が建てられているので、夏休みに利用予定の方は問い合わせをしてみた方が良さそうだね。

そして…冒頭の写真は南三陸町の北のはずれで見掛けた桜。もはやスクラップと化しているクルマがうず高く積まれている向こう側にも、震災後二度目の春は変わらずにやってきている…

「気仙沼 復興屋台村」その後さらに北上を続けて気仙沼へ。上の写真はNHKの番組で悪戦苦闘の立ち上げの様子を拝見した事も有り是非来てみたかった「気仙沼 復興屋台村」。ちょうど昼時に到着した事もありまして、沢山のお客さんで賑わっていました。

【宮城県気仙沼市】 復興屋台村 気仙沼横丁 大漁丸 店構え【宮城県気仙沼市】 復興屋台村 気仙沼横丁 大漁丸 「生ウニ入り海鮮丼」

今日の昼飯は「気仙沼 復興屋台村」の「大漁丸」で「生ウニ入り海鮮丼」を。お値段高めだったけれども…俺はそれを喰いに来たんだから文句は無い。同じ太平洋沿いの海に生きる一員として加勢に来たんだしね(笑)気仙沼の皆さん、共に頑張っていきましょう!

「陸前高田市 奇跡の一本松」気仙沼で昼飯を頂いた後は、さらに北上して陸前高田市へ。残念ながら枯れるのを待つ状態になってしまっているらしい奇跡の一本松。今はしかし…雄々しく空に向かって一人立っている。

陸前高田市はリアス式の海岸線にあって平野が広がる住みやすい土地。それ故に被害も甚大で基礎部分だけが残る住宅街が今日も広がっている。

「陸前高田市 奇跡の一本松の後ろ側」実は「奇跡の一本松」のまわりは瓦礫置き場。去年よりも高さは低くなったが、今でも瓦礫置き場である事に変わりは無い。どちらかというと、こちらの方が現実である。

 

この後さらに北上して大船渡のガソリンスタンドでガソリンを満タンにしたんだが…エンジンが掛からない。2速に入れて後ろに揺すって…をやると普通掛かるんだが…掛からない。。。げっ。。。バイクを何度も何度も前後に揺すっていたら…

何と…「立ちゴケ」しましたっ…(涙)

ガソリンスタンドの店員さん&近くの商店の店主さんに手伝ってもらってバイクを引き起こし、邪魔にならない所にバイクを移動して天を見上げる俺。

…さすがにこれは駄目かも…

実は4年程前からセルモーター(スターターモーター)の廻り方が怪しかった。初めて始動不能になったのは北海道の人っ子一人居ない場所だったなぁ。とにかくエンジンが掛かってくれないとどうにもならないので色々やっていていたらエンジンが何とか無事に掛かったのだった。

セルモーターのブラシが減っているのか何なのか…2速にぶち込んで少々後ろに揺すってモーターの回転軸を無理矢理ずらすと何とか廻ってくれたので騙し騙し乗り続けていたんだが…ホントの寿命が来たらしい。そう言えば奇跡の一本松を見た後の始動はギリギリだったからなぁ。。。

…これは帰るしか無いな…

エンジンが冷えると掛かる事もあるのでしばらく待ちます。。。で、スターターを廻してみるものの…

「カチッ(リレーの音だけが空しく響く…)」

こりゃ駄目だ。ガソリンスタンドの近くに緩やかな坂があったので、上までバイクを運んで押し掛けを試してみるものの…始動までは至らず。。。ゼェゼェ…

そうこうしていると、さっきのガソリンスタンドの店員さんが気遣って下さいまして…自分の車のバッテリーとボロバイクのバッテリーを直結して下さったんですが…やはりエンジン掛からず。

駄目だ…この後どうしよう…大船渡にバイクを置いて帰宅かぁ…(涙)

などと思っていたら、目の前の小料理屋に軽自動車が到着。…ん!?この小料理屋の駐車場の坂は押し掛けにぴったりなのでは!?もうここしか無いっ!

「お宅の坂を貸して下さいっ!」などという訳の分からないお願いに、お店の女将さんは笑顔でこう言って下さった。

「こんな坂で良かったらどうぞ。」と…

女将さんに丁重にお礼を言って、リアの荷物を全部降ろしてバイクを坂道を押して登ります。「どうしたの?エンジン掛からないの?壊れちゃったの?」という女将さんのお言葉の手前、どうせやるなら一発で決めなければなりません。坂の上までバイクを持ち上げた後、額の汗を拭って押し掛け?チャレンジ!

お借りした坂道で少々速度がついた所で3速に入れたまんまのクラッチを一気に繋いだ所…

ブブブ…ブォ~ン! エンジン掛かりましたっ!(喜&涙)

エンジンはもちろん掛けたまま、女将さんにお辞儀をしてリアの荷物を積み直しまして…日立のお家に戻ります…この後、下り坂以外ではエンジンは止められません。

2012_04_30_ルートガソリンスタンドで満タン給油直後に始動不能になった事も有り、あと400キロ程は走れそうだが…さすがに我が家まで400キロでは帰れないだろう。結局セルフのスタンドでエンジン掛けっぱなしで給油したり(スペアキーでガソリンタンクの蓋を開けました…)、何を血迷ったか最短距離を目指した様な仙台東道路ルートで南下してしまい、福島第一原子力発電所の立ち入り禁止区域にはじき返されて、結局…福島西ICから高速経由で帰宅したのが午前1時。大船渡からの帰宅路は電装系に問題があるかもという事で配線を全部外してしまったので、実はGPSログ手書きです(汗)

ま、何とか帰ってこられた事を素直に喜んで今夜は乾杯。中古で買ってある予備のセルモーターが鹿嶋にあるので明日交換してみよう。それでも駄目だったら…

「電車でGo!」 (お前…ちとポジティブ過ぎるだろ…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。