偕楽園で梅を眺めながら懐石弁当など

「偕楽園の梅」

ようやく偕楽園の梅が満開という事で、昨日のうっぷんを晴らしにバイクに乗ってやってきた(笑)昨日の嵐の様な天気もあってか少々散ってしまってはいる様だったが…ちょうど見頃ですな。

「偕楽園の梅」ぐるっと一廻りしてきましたが、いやぁお客さんがどんどん増えてきますな。例年に無く梅の開花が遅れた事もあって今年二度目のお客さんが沢山いた様で「前に来た時よりも綺麗ねぇ…」ってな会話がいろんな場所で聞こえてきました。

【茨城県水戸市】 万年屋 「四季彩懐石弁当 梅和み」実は偕楽園をうろつく前にちょっとリッチな朝飯を頂いたのでありました。

「四季彩懐石弁当 平成二十四年春 梅和み」。

弁当の名前…なげぇなぁ…(笑)

お品書きが手元にあるのでご紹介を。

  • 波崎ピーマン肉詰め
  • 鹿島灘山芋明太子
  • 鰤の煮付け
  • 海老ゆば巻
  • 梅ふ卵蒸し
  • 茨城県産豚肉梅和え
  • 鉾田市梅香花人参煮
  • よもぎふとあわふ田楽
  • 茨城町小松菜とゴンボ和え
  • 冬大根おかか煮
  • 梅の実とリンゴコンポートぜんざい
  • 茨城こしひかり
  • 梅干し
  • しじみごはん
  • 梅香り

お品書きもやたらとなげぇなこりゃ…(爆)

まぁ能書きはともかくとして、美味しく頂いたのでありました。

「偕楽園の梅」

偕楽園の高台から千波胡の畔の梅を眺めながら食べれば、塩おむすびだって旨いかも(実際そういう家族連れ多数)。もちろん懐石弁当なら尚良いですが(笑)

春爛漫の水戸偕楽園を存分に楽しんだ後は、本日のもう一つのお目当て「水戸芸術館 パイプオルガン復活記念コンサート」へレッツゴー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。