「新宿西口思い出横丁」

「思い出横丁のお店の雰囲気(その1)」

東京モーターサイクルショーを堪能したあとは、この為に新宿のカプセルホテルを予約したと言っても過言では無い「新宿西口思い出横丁」で晩酌開始。

正直言ってお店と酒&料理のまともな写真が無いんですがそこいら辺はご容赦を。冒頭の写真は俺が好きなタイプのお店ってのはこういう雰囲気のお店という事のご紹介など。お前の好みに興味なんて無いってか?まぁそう言わずに一杯付き合えよ(笑)

壁と天井は油まみれでL字型のカウンター席に座っているのはおっさんだらけ。裸電球剥き出しの照明の下、僅か数種類しかない酒と料理に文句は言わず…両隣の見知らぬおっさん(これはお互い様)との会話をアテに酒を飲む…

俺にとっての桃源郷がここに…(爆)

さすがにバイクのツーリングだと夜にこういうお店に寄る訳にはいかないんだが、電車で泊まりだったりすると「この匂い」を求めて街中を彷徨うのが旅先での俺なりの「こだわり」です(笑)

別に歳喰ったからこういう店が好きになった訳では無く、昔っからこの雰囲気が俺は大好きだ。これは俺の父親の影響なんだろうな。東京の府中競馬場近くに幼少時代住んでいた事もあり、レース開催日もそうで無い日も結構な頻度で親父の自転車の後ろの座席に乗って東京競馬場にやって来ていた。

まだ馬券が磁気式になっていなかったその当時…開催日ともなれば1レース終わるごとに雪のように宙を舞うハズレ馬券。もちろん俺の親父の予想も同時に確定する訳だ。まだ「ターフビジョン」なる超大型ディスプレイが競馬場に設置される以前だったこともあり、親父は当時としてはお決まりのスタイル「右耳にはラジオのイヤフォン、左耳には赤鉛筆、手には競馬新聞」。俺は親父から託された双眼鏡で「オレンジ色は…後ろの方…」とかやっていた訳だ…(笑)

親父の最終的な収支が判明した後、自転車の後ろの座席に乗っかっているガキの俺にも結果は分かりやすい形で伝えられるのであった。

【レースで勝った日】 「最初に大国魂神社近くの駄菓子屋→赤提灯→帰宅」

【レースで負けた日】 「帰宅」

【レースで大負けした日】 「赤提灯→帰宅」

この幼稚園~小学生当時に親父に連れられて一緒に行っていたのがいわゆる「赤提灯」。カウンター席しかもちろん無い店内で、俺は親父と一緒に焼き鳥にかぶりついていた。見知らぬ隣の席のおっさんに頭をなでられたりして幼少時代を過ごしてきた訳だ(笑)

【東京都新宿区】 思い出横丁 カブト 「焼酎」【東京都新宿区】 思い出横丁 カブト 店構え

それではそろそろ本題へ。

一軒目は「カブト」という鰻の串焼き屋さんにて。鰻というと普通は蒲焼きになるかと思うんだが、こちらのお店はまるで焼き鳥のような形で鰻が出てきます。こちらのお店、飲み物は焼酎と日本酒と瓶ビール位しか選択肢が無く、席につくと「一通りで?」と聞かれるので「はい。」と応えると鰻の串焼きが計7本出てきます。さすがに鰻という事もあってくたびれた外観の割に実は少々お値段お高めのお店でして、グラスの焼酎2杯と鰻の串焼き計7本で2,100円位です。肝心の串焼きの写真は食べる事に夢中だった為…ありません…(汗)

お腹は全く膨れませんが山椒を振って食べる鰻の串焼きはやはり旨いので、興味のある方は是非どうぞ。

「焼酎と串煮込み」

その後2軒目…3軒目も焼酎に焼き鳥&煮込みという同じようなラインナップで、隣に座っている見知らぬおっさんと話しながら飲み続けまして…

【東京都新宿区】 すためし どんどん 「すためし」

〆は「すた丼」…。オイオイ…さすがに喰い過ぎなんでは…(笑)

この後はカプセルホテルに戻って大浴場を堪能し…風呂上がりに、しっかり生ビールを堪能する俺様なのでありました。

俺の人生…やっぱ「駄目駄目」です…(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。