週末はウィークエンドパスで仙台へ ~仙台で腹一杯…編~

【宮城県仙台市】 喜助 エスパル店 「牛たん炭火焼定食(しお味)」【宮城県仙台市】 喜助 エスパル店 店構え

仙台までの普通列車の旅、やたらと乗り継ぎの接続が良かった関係で朝から何も食わずに仙台へ到着してしまったのであった。仙台到着がちょうどお昼になったことも有り、手始めに牛タンでも食いますか。

恐らく色々と調べれば、牛タン屋にも有名店やら何やら色々あるんだろうが、そもそもそんなに牛タンの違いが分かる程食べたことがある訳ではないので、仙台駅の駅ビル「エスパル」の地下一階にあったこちら喜助で頂くことに。

牛たん定食を筆頭に単品の酒のつまみ的なものも色々とあるんだが、ここはやっぱり「牛たん炭火焼定食」で。味付けを「しお味・たれ味・みそ味」の3種類の中から選べるんだが…しお味以外を選ぶと後になって「しお味どうだったんだろうなぁ…」とうなされそうな気がしたので、牛タンと言えば鉄板の「しお味」を注文。料理としては非常にシンプルな構成なので、さほど待つ事も無く注文の品が到着。さすが本場、時折口にする牛タンよりも分厚いですな。それでは頂きま~す!

ほほほ…旨~いっ!(喜)

薄くってもコリコリしている牛タンですが、厚みがあると更にコリコリ感が増しますな。塩味は結構しっかりついていますが、麦飯の友?にはこれぐらいがちょうどいい。炭火焼き独特の香ばしさも光ってます。付け合わせは白菜中心の漬け物といたってシンプル。

仙台の牛タンには基本的にテールスープが付いてくると本か何かで読んだことがあるが、こちらのお店もテールスープ付き。ネギと牛テールが3切れ入ったさっぱりとしたスープもいいですな。メインの牛タン自体とは一味違った旨みの詰まったスープです。

店に入るまでは一緒に生ビールか日本酒でも…と思っていたが、仙台をぶらぶら食べ歩きしたいので我慢我慢。もちろん牛たん炭火焼定食は付け合わせの漬け物も含めて完食です。

ご馳走様でしたっ!次は「みそ味」とかも頂いてみたいです!

そう言えば「名物に旨い物なし」なんて話が出たりもするが、俺はあんまり気にしてないなぁ。仮にその土地の名物が今イチだったり自分の口に合わなかったとしても、その土地にやって来たことを一番強烈に感じられる瞬間だったりするからね。そう言えば、かつて幼少時代をヨーロッパ中を巡業で巡った大作曲家モーツァルトは、こんな言葉を譜面の片隅に記していた。

「旅先では五感だけでなく、満腹感も楽しむべきである」

あ…これ書きながら思いついた「ほら話」ですので決して信じないように…(爆)

仙台に来ていつも思うのは…どことなく川崎みたいな街だなぁ…と言う事。そう感じる理由の一つが「大きなアーケード街」がある事なのは確か。そんな訳で久々に仙台のアーケード街をお散歩開始。雨も降ってたしね。

「マルシェ・ジャポン・センダイ」とにかく広大なアーケード街が広がっているのだが、震災から1年を向かえた東北最大の街という事もあり、とにかくそこいら中で東北各地の物産展的な催しが開催中。写真はアーケードを使った「マルシェ・ジャポン・センダイ」という催し。東北各地の名産品(とは言え出店自体は個人商店が主体です)が並びます。牛タン定食を食べたばかりだったので巨大(通常の3倍)かつ安い(確か二百数十円だった)スイートポテトをお腹の事情的に喰えなかったのがかなり心残り。

出店のホットコーヒーを頂きながら路地裏に入ってみると、いい感じの飲み屋街。路地をグルッと一周回ってみると…えっ!何でこんな所に…と聞きたくなるような場所に「イノダコーヒ」があるではあ~りませんかっ!

「イノダコーヒ」とは京都に本店を構える老舗の喫茶店(カフェと呼ぶべきか?)でして、京都出張旅行の際、奇跡的に俺の人生と交差したお店だったりするのであります。ではここで「番宣」ならぬ「過去記事宣」などを(笑)

【京都市中京区】 イノダコーヒ本店 「京の朝食」

「マルシェ・ジャポン・センダイ」の会場に戻ってくると、ヤマハの楽器屋の前に作られたステージ上で2台のエレクトーン演奏での連弾がちょうど始まった。せっかくなので聴いていると…何だか聴いた事のある曲。一緒に鼻歌を歌える位なんだが…何故か曲名を思い出せない。

結局最後まで聴きまして…アナウンスの方から曲目の説明があってようやく思い出せた。なるほど!「アルヴァマー序曲」かっ!吹奏楽のオリジナル曲として有名な一曲だよね。それにしてもエレクトーンの表現力って凄いんだな。4台位で演奏したらフルオケの曲も十二分にいけそうだ。

この後は「金子みすゞ展」を観たりしたんだが、その様子は別記事にて。

お~っと!いつもと逆の展開だぞ…(個人的に感涙)

【宮城県仙台市】 阿部蒲鉾店 「ひょうたん揚げ」【宮城県仙台市】 阿部蒲鉾店 店構え

アーケード街で何やらちょっとした行列が出来ているお店を発見。阿部蒲鉾店というお店です。ちと覗き込んでみると…なにやら「ひょうたん揚げ」というのが名物らしい。しかも一本150円とな。

お手頃価格&お腹もこなれてきたのでプチ行列の最後尾へ。ファーストフード的な一品なので、大して待つ事も無く…「ひょうたん揚げGetだぜっ!」

受け取る時に、「辛いケチャップにしますか?普通のケチャップにしますか?」と聞かれたので「普通」をチョイス。それを聞いてお店の方がグルグルとケチャップをかけてくれます。それでは頂きま~すっ!

ん!?これってアメリカンドッグ?…おおっ!中身は蒲鉾ではないですかっ!(旨)

これは普通に旨いですっ!蒲鉾の塩味を活かすという意味では、惜しくも何故か閉店してしまった「マリネルバーガー」と同じくらい「何で無かったの?」的な旨さ。アメリカンドッグのカリカリ感も最終的に味わえて、このボリュームで150円かぁ。

もしかして…茨城名産のアンコウを衣に包んでも旨いのではないか?(社外秘)

【宮城県仙台市】 玉澤総本店 エスパル店 「ずんだクリーム白玉」【宮城県仙台市】 玉澤総本店 エスパル店 店構え

仙台のアーケード街を歩き回った後は、再び仙台駅の駅ビル地下一階へ。玉澤総本店というお店に喫茶コーナーが併設されていたので突撃です(笑)

和菓子屋さんの喫茶コーナーと言う事で、メニューは当然の事ながら仙台名物「ずんだ餅」を中心としたラインナップ。

乙女チックにメニューを眺めながら少々悩んだ末、注文したのは「ずんだクリーム白玉(抹茶)」

だって…「ずんだ」が有りつつも一番「甘そうだったメニュー」だったから…(超甘党)

少々待っていると注文の一品が。抹茶が到着するのを待って写真を撮ったりしつつ…頂きま~す!

…旨いっ!(甘)

こちらのお店、100%かどうかは分かりませんが「だだちゃ豆」を使っているのが売りだそうな。日立の飲み屋とか(そもそも東北近隣以外で「だだちゃ豆」なんて名前すら聞いた事無いが…)では単に「ちょっとお高い枝豆」的な扱いのだだちゃ豆、甘味処で真面目に「ずんだ」にすると旨いよ!

甘いアイスに負ける事の無い、甘いずんだを白玉と一緒に堪能してご馳走様。

最後に頂いた抹茶は…ただただ苦かったヨ…(爆)

この後は今夜の宿泊先「ゲストハウス 梅鉢」さんへ。当初荷物を置いて外に飲みに繰り出す事も考えたりはしたんだが、今回は腰を落ち着けて「梅鉢」で飲む事にした。

「ゲストハウス梅鉢 肉団子定食」梅鉢さんの今宵のワンコイン晩ご飯は肉団子定食。おかずの旨さもさることながら…飯が旨いっ!これは一体全体どういう炊き方をしているんだろう?ご馳走様でした!

旨いご飯の後は、仙台のゲストハウスならではの光景が1Fのテーブルで広がり始める。

花巻から青春18きっぷでやって来た方、滋賀県からボランティアでやってきて一仕事を終えてシャワーを浴びてスッキリしている方、J1の鹿嶋vs仙台で「鹿嶋」を応援する為にやって来て、負けた試合を観戦してきた学生、そして俺と…この宿のマスターとヘルパー兼歌手な方。

ひたすら飲み続け…くだらない話に始まり…くだらない話に終わったよ(笑)

そんな中、ギターを構えた彼は素晴らしい歌声を披露して下さいました。ビートルズの名曲の数々やクラプトンだけでなく、リクエストした「Fly Me to the Moon」までも。有り難う。

ん?もしかして俺が仙台に来た理由に「震災が…」とかいう結論を期待してるのか?

そんなの無いぜ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。