この一年を振り返って…(後編)

俺が飲んだ勢いでブログを書くと、ろくでもないものが出来上がることをまたしても証明してしまった形なので…

戒めの為…しばらく晒しました…(涙)

そんな訳で今日は飲む前に少々。ま、しらふで書いたからと言ってまともな内容になるかどうかは別問題ではあるんだが。

実の所、年末頃までは妙に涙もろくてこのまんま元に戻らないんじゃないかというような状態だったりもしたんだが、年が明けたら何故か元に戻った。まぁ無理して色々分析する必要は無いんだろうが、バイクに乗ってあれこれ考える時間が少々減ったのが理由かもしれないな。

バイクに乗らない方は特に良く分からないかもしれないが、渋滞やら市街地を走っている時はともかくとして、そもそもが走ってて気持ちがいい場所に出掛けることが多くなるので結構走りながらも暇になることも多い。特に走る距離が妙に多い俺みたいなのだと尚更。

そうなってくると走っている間中、あれやこれやと考えてしまう訳だ。そしてこの一年はどうしても余計なことまであれこれ考えてしまっていたような気がしている。

秋が終わって冬がやって来て自然と電車で出掛ける事が多くなってくると、ボケッと車窓を眺めているか、本を読んでいるか、そもそも無理して起きている必要も無いので寝てしまったりとお気楽極楽。

結果いい具合に精神的な冷却期間になったようで、以前に比べて最近ずいぶんと平穏な日々になってたりもする。

ここからは今回の震災で身内に直接的な不幸が無かったから言えるであろう事も多々あるんだが…

何というか…大きな振り子が突然振れ始めたような一年だった。自分の考えが正しいかどうかなんて事は実際の所どうでもよく、様々な立場、様々な環境、様々な地域に生きる方々の事を知るたびに、平面を通るはずの振り子の軌道がずれていく。

今、戻って来始めた振り子の軌道は昔とは全く違うのかもしれないが…やっぱり走り始める時期がやって来た。単に季節が…と言う意味だけではない。

今一度、全てを失った地に足を運び、その現実とその地で生きると決めた方々のこの一年の努力の結果に自ら触れ、身軽なバイク乗りの一人の感想として紹介していきたいと思っている。

 

…終戦後、我々の爺婆達は焼け野原だらけのこの国で、我々の父と母を抱えて生き抜いてきた。そして復興期には我々の父と母達は、文字通り復興と繁栄の直中にあった。むろん楽な道程だったとは思っていないが…後になって教科書に載ってしまうような事柄はどこか他人事で、むしろそういう時代に生きてみたかった…などと思っていたりもした。

…お前が若気の至りで望んだ世界が目の前にある。どうするつもりだ?

もちろん…俺達の力で再び造り直すだけだ。

(注)お前…酒臭いぞ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。