「ダビッド夫妻歓迎会 in Omiya」 ~カナダからの手紙~ 編

「ダビッド夫妻歓迎会 in Omiya」

昼間は品川のイオンでb-mobile SIM(100kbps)を買ったり秋葉原でBluetoothキーボードを買ったり…

「宇宙から見たオーロラ展 2012」 コニカミノルタプラザ新宿のコニカミノルタプラザで「宇宙から見たオーロラ展 2012」を見たりして、今週末のメインイベント「ダビッド夫妻歓迎会」というお題目の飲み会へ参加するため大宮へ。

今回の飲み会、熊谷西高校の吹奏楽部の同じ学年(通称「青ネクタイ」)の飲み会でして、残念ながら男連中は仕事やらインフルエンザやら遠方在住だったりでメンツが揃わなかったんだが、女性陣は何と参加率100%だったりしてます。

基本的に「酒が飲めるならお題目はあとから適当に考える」飲み会な事が多いんだが…今回は最初から結構まともなお題目(笑)

カナダでツアコンをやっているクラリネット吹きの「さおりちゃん」が、カナダで「ダビッド」なる旦那をGetして凱旋帰国(もちろん速攻でカナダに帰国)してからはや数年。

今度はめでたく子供が生まれ、これまた凱旋帰国しているというので今回の飲み会開催となった訳だ。前回の凱旋帰国の飲み会は仕事の関係で参加出来なかったので、俺と旦那の「ダビッド」氏とは初対面。カナダ人ということで、勝手にトム・クルーズみたいな大きな男性を想像していたんだが…程良い身長&ノリが良い人柄で一安心。

それでは御夫妻と赤ちゃんの未来に…乾杯!

正直言って俺はカナダの事を良く知らないんだが…お二人の住んでいるカナダのケベック州ってのはフランス語が公用語だそうでして、ダビッド氏も片言の日本語混じりのフランス語。具体的に何を言っているのかはさっぱり分からなかったりもしたが…酒に国境は無いので楽しく飲めたよ(笑)

そうそう、カナダの育児休暇制度ってのは会社が休業中の賃金の補償をするのではなく「国家」が全て補償をする仕組みだそうでして、さおりちゃんの育児休暇の分を少々分け与える形で今回ダビッド氏は日本に来ているそうだ。ほうほう…そういう仕組みなのね。なるほど…これはいい事を聞いたよ…

俺もいつかきっと…カナダの女性と…(笑)

そう言えば俺達の代の肝っ玉母さん的なポジションを不動のものとしている我らが元「コンミス」のクラリネット吹き女史の話には驚いたな。

この方、相当昔の話になるが…何と埼玉県某所のゴミ捨て場で「オーボエ」を拾ったのであった。それだけでも有り得ない話だというのに…その後そのオーボエは、ダブルリードの高価な楽器などとても買えない貧乏所帯のかつての我々と同じような数カ所の吹奏楽団に貸し出されていだそうだ。で…今そのオーボエはというと…

自分の息子が…「熊西の吹奏楽部」で吹いているですと!?えっ!マジで!?(驚)

しかも今の指揮者は高校時代に色々な意味でお世話になった西校のトランペットの大先輩ときている。「あのオーボエはきっと空から降ってきたに違いない…」などと夢物語を語っているPTA会長兼かつてのコンミス女史なのであった。しかしまぁ…冗談抜きに誰がオーボエゴミ捨て場に捨てたんだ?(汗)

高校生時代、数回リアルに「振られた」ことのある副部長のフルート吹き女史にまたしても俺は「とある事」で叱られたり、高校時代に部室で練習前にしょっちゅう「ペヤングソース焼きそば」を食べていて「ペヤング女」とあだ名を付けられたパーカッションの今となっては社長夫人の昔話を皆で笑ってみたり、茅ヶ崎の海の家「T村」(ごく普通のアパート)へこのメンバーがやって来た時、何と「パンツ」を俺の家に忘れて帰ったというネタ?の持ち主のホルン吹きの臨床検査技師女史の話を「ダビッド」に披露したりしながら飲み会は進んでいくのでありました…(笑)

そんなこんなで同じトロンボーンパートの「フルート職人」(こいつ仕事でフルート作ってます!)達と二次会のカラオケへ。ちなみに俺が歌った曲はと言いますと…カナダからの客人「ダビット」をもてなす曲として最高だと直感で感じたこの曲。

長渕剛の「Japan」&「カナダからの手紙」…(爆)

長渕剛の「Japan」では俺の日本人魂を、奥さんと俺とでデュエットで歌った「カナダからの手紙」では俺と奥さんに対する破壊的なまでの「ジェラシー」を感じてくれた事であろう…(謎)

で、2次会もお開きになり…今回はこれで終わるものと正直思っていたんだが…お上りさん状態の俺が今夜カプセルホテルに泊まることを説明すると…何とカナダ人「ダビット」は日本の「カプセルホテル」に泊まってみたいと言う事が発覚!結果、あれよあれよと言うままに俺と「ダビット」でカプセルホテルに泊まる事になったのであった。

一応「さおりちゃん」から「エロい店には連れて行かないようにっ!」と釘を差されていた事もあり、焼鳥屋&ホルモン屋という普段通りのハシゴを「ダビット」と一緒にカマしてカプセルホテルへ。カプセルホテルの特徴的なベッド群の前で記念写真を撮ってみたり、一緒に大浴場で風呂に浸かったりしたりして…

「俺は下・ダビットは上」な夜を過ごしたのでありました… (注 カプセルの場所の話ですヨ)

「ダビッド夫妻歓迎会 in Omiya」 ~カナダからの手紙~ 編」への3件のフィードバック

  1. コンクール2012
    地区大会 高校B
    8月7日(火)
    2番 熊谷西高校
    演奏開始 10時20分

    南浦和駅西口 さいたま市文化センター

    埼玉県吹奏楽連盟ホームページ参照。
    お節介な書き込み失礼しました。

  2. いしやまたかひろさん初めまして。おっ!西校はコンクールに出るんですね。
    実は熊谷西高校が吹奏楽コンクールに始めて出た時のメンバーが我々だったりします。リードの春の猟犬だったなぁ。懐かしい。
    一応金賞を貰ったんですが、中学時代に運動部だった奴が多くて「金賞?なんだそりゃ?」ってな具合でした(笑)
    そのおかげで?学校にビブラフォン買ってもらえたのが一番嬉しかったです。

  3. 指揮はマエストロ・カキザワで、曲はギリングハム作曲・ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。