もぐらんぴあの帰り道…「我、難攻不落の城攻めを敢行す」

道の駅 厳美渓の朝

道の駅 厳美渓でお目覚め。今日はそれなりにいい天気になりそう。そう言えばこの道の駅、UQ-WiMAXの電波が入ったので寝ながら家の録画ビデオを見られたりととっても便利。思いっ切り観光地だもんな。

【宮城県大崎市】 長者原SA 「たん塩丼」【宮城県大崎市】 長者原SA 店構え

まだそんなにのんびりしている訳にもいかない距離なので、東北道を使って更に南下。途中、 長者原SA にて朝飯代わりの「たん塩丼」。それにしてもサービスエリアの料理って昔に比べて旨くなったよな(旨)

【福島県伊達市】 伊達果実 「桃」【福島県伊達市】 伊達果実 店構え

国見ICで東北道を降り、伊達果実の選果場隣にある直売所にて母上様御所望のフルーツを購入。まぁこの時期なら桃で決まりでしょう。今年お初の桃ですな。

ちゃんとした箱に入った贈答品グレードなれど、この辺りで買うと一箱1200円とかで買えてしまうのがかなり嬉しい。もちろん味は間違いなく旨いのでお買い得。

【福島県福島市】 玉子湯 湯船

そろそろ時間が読める場所にまでやって来ているので、福島のかつての観光有料道路3本セットをクルマで走って会津若松に抜けようかとワインディングを無理矢理登る。が…

げっ…高湯から先、全面通行止めじゃん。忘れてたよ…(涙)

仕方が無いのでUターンついでに玉子湯へ。いや~極楽極楽!(喜)

お湯に浸かりながらちと考える。会津若松まわりが出来なくなると時間が余るよな。どうすっかなぁ…

【福島県田村市】 リカちゃんキャッスル

田村市にある難攻不落の城、通称「リカちゃんキャッスル」にやって来た。過去、ここまでは何度も来た事が有る。そして俺を寄せ付けない圧倒的なまでの存在感。だがしかし…

「攻め込め~っ!」(マジ?)

リカちゃんキャッスル 受付

…辛い(入場料700円の事では無くて)

一階でリカちゃん的なドレスに着替えるのがこの城のしきたりらしいが、そちら系の趣味は無いのでご遠慮させて頂いた(そもそも大人に合うサイズがない)

リカちゃんファミリー家系図箱入りリカちゃん

「城攻略にはまず敵を知る事から」と言う事で、リカちゃんファミリー家系図から弱点を探る。

ペットの犬を手なずける位しか攻めどころが無い完璧な家系だな。

右の写真は歴代のリカちゃん人形。万が一経営難に陥ったら「なんでも鑑定団」に持ち込むといいと思うよ。

「箱があればねぇ…」とは言わせない。

リカちゃん量産ライン(顔)リカちゃん量産ライン(髪の毛)

ちなみにこのリカちゃんキャッスル、土日でもリカちゃんの量産ラインも見学出来る。左の写真は顔に色づけ(目かな?)している所で、右の写真は髪の毛を縫って取り付けている所。そう言えば初めてスマートフォンのズーム機能を使って写真を撮ったな。

もう少し製品としての説明(全体で幾つの部品で出来ているとか)があるかと思ったが、残念ながら夢を壊さない範囲での見学コース設定(全体は見渡せますが、細かい作業の内容は子供には判らない十分な距離です)だった。

個人的にはリカちゃん人形のカットモデルが見たいんだが…(ダメ!ゼッタイ!)

リカちゃん 「イエティガール」

リカちゃん人形の女王様系ドレスアップコーナーもありまして、一番気になったのはこちら「イエティガール」バージョン。あれ?確かイエティって雪男みたいな謎の生物じゃなかったっけ?

その毛皮をドレスにするとか…敵ながらあっぱれ!(UMA)

難攻不落のリカちゃんキャッスル城、グルッとまわってあれこれ見たが子供達にはたまらないお城なのは確かだな。

一応お土産コーナーも見てみたが、さすがにリカちゃんの着替えとかを買う訳にもいかず(欲しい訳では無くて)、そろそろ帰ろうかと思った時、隅の方に「トミカコーナー」がある事に気が付いた。おぉ、乗れるプラレールがあるな。

プラレール乗り場(磐越東線)

まさかの磐越東線仕様!(終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。