「全国メロンサミット in 鉾田」と予科練平和記念館と

道の駅 水の郷さわら

道の駅 水の郷さわらでお目覚め。微妙な空模様ではあるが、取りあえず雨は降らない模様。さて、鉾田に行きますかっ!

ちなみに「水の郷さわら→(30分)→自宅→(30分)→鉾田」という位置関係。

素直に家で寝ろよ!(アホ)

下調べしておいた鉾田市役所の駐車場にクルマを停め、思った以上に混んでいるシャトルバスで全国メロンサミットの会場入り。

「全国メロンサミット in 鉾田」パンフレットと地図

入り口でパンフレットとタイムスケジュール的なものを受け取って、取りあえず「メロン・タベ・クラーベ」の引換券を購入。500円でメロン5種類食べられるらしいので、2枚。

「全国メロンサミット in 鉾田」 屋内販売コーナーは大行列メイン会場となる体育館の屋内販売には開場前なのに既に長蛇の列が…(涙)

究極のメロンパン売り場究極のメロンパン

グランドの出店では究極のメロンパン屋さんが既に開店していたので一個お買い上げ。会場を一周してみたが「メロンまるごとクリームソーダ」は既に有り得ないほどの長蛇の列が完成していてこれまた断念。ベンチに座って究極のメロンパン屋さんの方を見ると、何とそこには長蛇の列が完成しているではないですかっ!

このシチュエーションで頂く究極のメロンパン、究極に旨いですっ!

究極のメロンパンを頂いた後は「メロン・タベ・クラーベ」を受け取りに。まずは一枚分引き替えて貰おうと引換券を引っ張り出したところ…

メロン・タベ・クラーベ引換券

まさかの時間指定制じゃねぇかっ!(汗)

メロン・タベ・クラーベ引換場所アンデスメロン・クインシーメロン・イバラキング・プリンセスニーナ・アムスメロン

メロン・タベ・クラーベ引き替えコーナーも結構な行列が。食べ終わってからもう一度並び直すのも何なので一度に二枚分を受け取る俺なのでありました。

メロン・タベ・クラーベ二人前

…早い話が二人前(アホ)

ちなみに左から「アンデスメロン・クインシーメロン・イバラキング・プリンセスニーナ・アムスメロン」だそうです。

それぞれ異なる味を楽しみつつ(二周)もちろん完食。こんな風にメロンを食べ比べた事なんて今まで無かったけれど、それぞれ全然違う味と食感だったのね。なるほど。

メロンを堪能した後は、メインステージで行われているゆるキャラ大集合的な催し物を見学。ステージ上で可愛らしくキメているゆるキャラ達なのだが…

暴れん坊メロン熊突如暴れ出すメロン熊なのであった…(子供が泣くだろ!)

もう一度、体育館とメロンまるごとクリームソーダを見に行ってみたが…もはやどうにもならない行列が。名残惜しいが今回はここまでと言う事で。

メロンと昼飯は別腹なので、何処かで昼飯を…と思っていたら「ほっとパーク鉾田」の看板が目に留まる。まだ一度も行った事無いけど、確か風呂もある筈だし行ってみますか。

【茨城県鉾田市】 ほっとパーク鉾田 「春キャベツのホイコーロー定食&ドリンクバー」【茨城県鉾田市】 ほっとパーク鉾田 鹿島鉄道の車両

ほっとパーク鉾田、まさかの黒湯でちとビックリ。何だよこんな近所にリトルカマタが有ったとは…もっと早くに来るべきだったよ。

風呂上がりに「春キャベツのホイコーロー定食」を頂きながら、この後の予定?をちと考える。まだ帰るには早いしなぁ…。。。

あ、昨日の霞ヶ浦ダックツアーでガイドさんから説明があった予科練平和記念館に行ってみるかな。

【茨城県阿見町】 予科練平和記念館

予科練平和記念館は土浦との境に近い阿見町の霞ヶ浦沿いにありまして、到着した頃には青空が広がっていた。

ご存じの方も多いかとは思うが予科練というのは太平洋戦争時代の海軍航空隊の訓練校でして、15歳前後の若者が飛行訓練を行っていた場所。もちろん戦争の悲惨さという観点の展示がメインとなるのではあるが、同じ位当時の世俗紹介的な展示も多いので、そういう観点でも楽しめる。

そして、何気に土門拳の写真が多い!(しかも大伸ばし)

予科練平和記念館の見学を終え、お隣の自衛隊の敷地内にある予科練記念館に行こうとしたら…時間切れで扉が閉まってた。また来るか。しっかし俺って多いなぁ…こういう展開(笑)

ま、近場を巡った普通の週末の割には「ダッグツアー」「メロンサミット」「黒湯」「予科練平和記念館」と結構充実してたな。

次のネタも見つかったし、ホントにいい週末だった(ふふふ…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。