CB750(RC42)のチェーン交換とリアブレーキパッド交換「余裕で終わるハズが…」

それでは鹿嶋の青空ピットでチェーン交換開始。リンク数が合っていないので120リンク→112リンクに詰めます。グラインダーで削って(写真はまだ半分)マイナスドライバーを使わない側に突っ込んで、こじると外れます。で、クリップ式なんで古いチェーンに引っかけて、チェーンカバー類は外さずに入れ替えられます。楽ちん楽ちん。

3千円台のシールチェーンに無事換装完了。これも5千キロしか持たなかったりしたら…素直に「D.I.D」とかに戻るよ(汗)

チェーン交換はこんな感じに無事終わったんだが、問題はリアのブレーキパッド交換…

パッドを支えているハンガーピンの頭を隠す形で付いているピンプラグが思いっきり固着中。普段から幅が広めのマイナスドライバーで締めたり緩めたりしてるんだが、それを使ってもびくともせず。CRC-556を吹いてみたり、ショックを与えてみたりしても全く緩まない。

仕方が無いので「何でこんな物相手に大げさな…」と思いつつ、キャリパーを外して台の上に置き、手動式のインパクトドライバーをハンマーでぶっ叩いた…

…緩まない…。ガ~ン。。。これはもう無理だ…(涙)

いったん部屋に戻り、作戦を考える。大して厚み無い部品だから、電動ドリルで穴空けて取り外すかなぁ。どうせアルミかなんかだろ?

電動ドリルを持ち出してガリガリ掘ってみるが…思いの外固い鋳鉄で出来ている様で、うちのドリル&歯の組み合わせでは文字通り全く歯が立たず…(涙)

もう一度部屋に戻り、作戦を考える。

総員退却!…ヤフオクで中古キャリパーの捜索を開始せよっ!(一番安直な方法な気が…)

そんな訳でブレーキパッドの交換がキャリパー交換&エア抜き作業に進化して、この場はペンディングとなった。幸いな事に来週末(木・金)は電車で青森だから、キャリパー手に入れる猶予は約2週間あるからなぁ。多分手に入るだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。