ちょっと日立市を御紹介

いわき市内を走っている時、何やらフロント廻りから時折周期的な異音が。この音はかつて聞いた事がある…

あ゛。。。まだフロントホイールのベアリング交換して無いんだった…(涙)

リアやった時に一緒にやっとくべきだったなぁ。家に辿り着く前に焼き付いたりすると事なので、あんまり寄り道はせずに日立へ帰宅。とは言え、せっかくなので少々日立市の御紹介などを。

こちらは日立市内の国道6号の慢性的な渋滞を解消するべく作られた日立バイパスの「浜の宮ロードパーク」にて。一般道なんですが海の上を走る爽快感を味わえます。

バイクのツーリングで国道6号を南北に走る時は、少々遠回りでも国道245号とこの日立バイパスを抜けて行った方が時間的にも早いし何と言っても気分がいいです。

ガラス張りの新駅舎が使われ始めて、旧駅舎の解体工事中の日立駅前ロータリー。日立製作所の企業城下町という事もあって、巨大な「タービン動翼」なる物が飾られて?いる。この巨大なタービンを複数枚組み合わせ、蒸気の力で回転させる事で発電機を回して発電するのが発電所。

ちなみにこのタービンは原子力発電所向けの試作品である。そしてこのタービンを作っている工場から、夏場の電力不足解消に向け、火力発電所用のタービンの出荷が4月に入り再開された事が地元で大きなニュースとなった。

我々はうつむいてしまうのでは無く、前を向いて今回の事故の事を考えていかなければならないと改めて気付かされたモニュメントだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください