【中央区】 中華そば 井上 「中華そば」

実は別のお店の「モツ煮込み丼」とどちらにしようか悩んだんだが、一応ラーメン主体のブログなのでこちらへ訪問。

「朝ラー」なんて言葉が流行る前から朝営業をしていたこちらのお店、マスターは当然チャキチャキの江戸っ子でして「べらんめえ口調」で仕上げていきます。この日は納品された麺の一玉あたりの量に「べらんめえ口調」で文句を垂れつつ調理中。どうやらいつもより一玉あたりの量が少々多かった模様です(笑)

メニューは「中華そば」の一品だけですが、ひっきりなしにお客さんがやって来る人気ぶり。活気がさらに活気を呼び込む店先で、10分程待って中華そばを受け取りました。

市場関係者のターレが走り回る光景を眺めながら…頂きま~すっ!

スープの若干濁った色のイメージ通り、醤油ラーメンではあるがコクの強めなスープです。ただあんまり押しの強い仕上がりではなく、一般人でも朝から食べられるスープですね。麺はやや細めの縮れ麺。刻みネギとカイワレが結構多い事もあり、食べ進める度に爽やかな印象を受けました。メンマとチャーシューは十分な量が載せられてまして、力仕事の多いこの場所で生まれた事を再確認させてくれます。そうそう、チャーシューは噛み応えのあるタイプです。

そしてこれは意外だったんですが…お客さんのほとんどは観光客にも関わらず、スープを飲み干していた事。朝っぱらからラーメンを食べるあたり、好きで食べているんだとは思いますが驚きでした。もちろんこの私も完食です(笑)

いやぁ…活気の溢れる中で食べているから旨いという面ももちろん有るかとは思いますが、朝っぱらから文句なしに旨い一杯でした。ご馳走様でした。また来ま~す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください