【白河市】 火風鼎 「手打チャーシューメン」

【白河市】 火風鼎 「手打チャーシューメン」

【白河市】 火風鼎 店構え

昨日沖縄から帰ってきた疲れもあって昼近くまで寝てしまった。とは言うものの紅葉情報では那須岳周辺や志賀草津道路の標高の高い辺りはすでに紅葉が見頃との事なので、ちと遅めではあるが那須岳目指して出発。結果から書いてしまうと、夕方なのにまだ登り方向が大渋滞していた那須岳一帯は確かに紅葉の見頃を迎えていたのだが、辿り着いた時間が遅すぎて那須岳自体が太陽をさえぎる状態になっていて、写真的には全滅状態。実際の見た目にもかなり残念な感じでした(涙)そんな訳で今回は下見と言う事にして写真は無しです。ま、今週末くらいまでは持つんじゃないかな?

そんなちょっと残念な那須岳に登る前に白河で一杯頂きました。土地勘のない白河ですが、日本最古の公園と言われる南湖公園の向かいにこちらの「火風鼎(かふうてい)」がある事は事前に知っていたので迷うことなく到着です。

午後3時が間近というのに店内満席でちと驚きです。天気の良い行楽日和の3連休最終日の影響もあるんですかね?ちょっとばかり席が空くのを待ちまして、メニューのおすすめ筆頭の「手打チャーシューメン」を注文です。白河ラーメンと言えば醤油味が基本だと思いますが味噌と塩もあるお店でして「まぼろしの塩」なるメニューも気になりますが、今回は基本路線で行きましょう。

数分待ちますと「手打チャーシューメン」が到着です。写真だと比較対象が無いので分かりにくいと思いますが、白河ラーメンってのは大きめのドンブリで提供されるイメージを個人的に感じてますが、こちらのお店もドンブリがデカイですなぁ(喜)それではスープから頂きま~すっ!

なるほど…これは今まで食べた事のあるお店とはちょっと違った白河ラーメンの旨さですな(喜)

白河ラーメンと言えばスープ表面に浮かぶ脂は多めで当然だと思いますが、こちらのスープも脂多めです。そして醤油スープの旨み成分?が強めなのが白河ラーメンてな印象を持ってますが、こちらの一杯は旨みを抑えているような印象ですね。麺は不揃いな「いかにも」手打ち麺でして…食べ進めている間に「ファン」になりました。この麺は旨いですよっ!

チャーシューメンの命?「チャーシュー」は結構固めの仕上がりで、噛み応えがありますな。3種類位の部位毎に別々に調理したチャーシューが載っていたんですが、噛み応え的に全部似ていたので、それぞれで少々変えた方がいいような気はします。

具はと言いますと…刻みネギにワカメ、メンマにチャーシューとまさに基本路線。チャーシューの仕上がり具合や、スープの味付けの方向性が「白河ラーメン」とは少々異なってはいますが、旨い一杯である事に疑いはありません。

ご馳走様でしたっ!今後とも宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。