【水戸市】 旭川らあめん ひでまる 「正油らあめん+全部入り」

【水戸市】 旭川らあめん ひでまる 正油らあめん+全部入り  【水戸市】 旭川らあめん ひでまる 店構え

佐野で一杯頂いた後は、群馬県は桐生市方面へ。ふる川というお店の「ひもかわ」という、幅10cmもあるうどん狙いなんですが…昼営業を逃すと、夜の部は17:00からと言う事で今回は断念。

そんな訳で天気がいい&クソ暑いのでちょっくら日光方面へ。わたらせ渓谷線と併走する国道122号で標高を稼ぎながら北上し、程良く涼しくなってきた所で日光側へ抜けるトンネルに差し掛かった。トンネル内はさらに涼しく、3キロ近い長さのトンネルを抜けるとそこは雪国だった…などと言う展開になる訳はありませんで…

トンネルを抜けると…そこは黒い雲を伴った積乱雲が広がる世界だった…(涙)

げっ!これはどう考えても土砂降り寸前の空模様だよ。そんな訳で中禅寺湖はおろか日光も見物することなくただ通過…(爆)この後は結城→下妻→つくば→水戸と駆け抜けまして、以前会社のラーメン同好会の活動中、俺だけ迷子になって辿り着けなかったいわく付きの課題店「旭川らあめん ひでまる」を訪問。満席だったので少々待ちまして、威勢のいい店員さんに「正油らあめんの全部入り」を注文。事前情報だと「正油らあめん」は結構クセがあるとの事なんですが、さてどんな一杯が出来上がるんでしょうか。注文後はさほど待つことなく期待の一杯が到着です。それでは期待のスープから頂きま~す。

おっ!確かにこれは独特な風味がありますなっ!(驚)

味が独特と言うよりは、香りが独特なんで味も独特に感じるってな所でしょうか。言葉で説明するのが難しいスープですが、個人的には旨いスープだと思います。お次は麺ですが、中細の縮れ麺でチュルンとしてますね。スープと絡みも申し分ありません。最後に具なんですが、初めて頂くのに全部入りにしたのは個人的には失敗だったかな。麺を食べようとすると大量に載った白髪ネギも食べる結果になるんで(もちろんこれはこれで美味しいんですが)本来の味が良く分からなくなってきた。チャーシューはホロホロと崩れる系で、かなり薄めに切ってあります。あとはメンマと燻製卵が半分。ドンブリの深さに対してぱっと見スープが少ないので、量が少ないのかな?と最初は感じましたが、ドンブリ自体が大きくて深さもあるので結構な量です。そんなこんなで、独特な風味のスープを伴った一杯を大満足で完食です。

次は一般受けとしてはこっちの方が評判がいいらしい「味噌らあめん」を頂いてみたいと思います。ご馳走様でした。また来ま~す。

下は今日のGPSログです。梅雨の合間の晴れ間に、気分よく走れて良かったです!

2010_07_10ルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください