九州と言ったらココだけは外せないっ!(温泉編)

「阿蘇山山頂」を堪能したあとはひとっ風呂浴びに湯布院方面へ。俺の生誕の地「竹田」方面に行こうかとも思ったのだが…前回訪れているので今回はパス。ただ…「湯布院」に着いて思ったのは高級路線のこちらで安い温泉に入る位なら、そもそもが庶民的な「別府の温泉」にでも浸かった方が幸せそうな気がしたのでもうひとっ走り。

「湯布院」~「別府」

前の山を越えると別府入りで~す。

 

「みかゑり温泉」

別府市内に入って、噴き上げる蒸気に誘われるがまま辿り着いたのがこちら「みかゑり温泉」。入湯料「300円」な温泉です(喜)そうそう、こういう感じが俺向きなんですよっ(笑)

「蒸気機関」  「男湯」

何やら宮崎駿のアニメに出てきそうな雰囲気を感じさせる蒸気の噴き出し口。右はだれもいなかったので男湯をパチリ。

いやぁ…やっぱ温泉は最高ですっ!(喜)

併設されている調理場  石版に刻まれた「秘伝のレシピ」

こちらは「みかゑり温泉」内の地熱を利用した調理場。

右は門外不出の「石版に刻まれたレシピ」(爆)

一応受付で「生タマゴ」を売ってましたが、これで儲けるつもりは無さそうですな(笑)そんなこんなで「いい湯」を頂きまして…今日の所はこれにて閉店。

志高湖キャンプ場にて

別府市内から少々南西へ戻った「志高湖キャンプ場」にて。この晩は名古屋から来たライダーの方と酒を酌み交わしながら過ごしました。ツーリングしてて良かったと思う瞬間ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。