【町田市】 胡心房 「味玉らぁめん」

【町田市】 胡心房 味玉らぁめん

【町田市】 胡心房 店構え

横浜で高速船見物をした後、今日の予定(方針?)を考える…

一つ思い浮かぶのは、昨日八王子へ行ったにも関わらず「八王子ラーメン」を食べていないという事実をどう考えるかなのだが…もちろん喰わなきゃ気が済まないので、

本日、八王子再訪決定(爆)

そうなると…横浜線を北上する訳か。沿線で気になる場所はと言えば…長津田の家とかではなくって町田あたりだな。ただなぁ…町田は正直苦手なんだよなぁ。俺の空間認識力ってのは、どうやら線路を基準に組み上がっているらしく…「町田」みたいに直角に線路が交わる街に繰り出すと、自分が今どこにいるのか分からなくなるんだよ(汗)

今回も事前にさんざん地図を眺めていたにも関わらず…JRの駅の近くを歩いていたはずが、知らぬ間に小田急の町田駅の脇を歩いていたりして結構迷った。駄目だこりゃ。。。町田という街に対する苦手意識を今回も払拭できず、たどり着いたのはこちら「胡心房」。お昼時と言うこともあり15人程の行列が出来てましたが、これ以上迷子になるのはゴメンなので素直に列の最後尾へ。俺の後ろに並んだ女子大生二人組が暇つぶしに話している会話の数々が笑える内容だった為、そんなに待ち時間を持て余すことなく店内へ。

自販機で「味玉らぁめん」を選択しつつ思うのは、「ヘルシーセット」なる女性客限定の一杯も食べてみたいってな事です。コレを食べるには女連れになって分けてもらうか、女装を極めるか、はたまた「はるな愛」路線に走るかのどれかしかないですな(爆)ま、それはそうとこちらのお店、お店の方がなんと全員女性です。カウンター席の一番端っこに座りながら仕事ぶりを拝見しますと…接客は女性的なきめ細やかさ、湯切りは男性的な力強さ。盛り付ける動作にも全く無駄がなく…

うっ…最強の組み合わせではないですかっ!(驚)

しばらくしますと「味玉らぁめん」が到着。それではスープから頂きましょう。おおっ!お洒落なガラス製のカウンターや店内の飾り付けなどの雰囲気とは、真逆のイメージを感じる「トンコツスープ」ですな。大甕駅前の「麺や亮」と比べると…「麺や亮」の方がやや「ライトトンコツ」かなぁ。。。いや…この感想は店の雰囲気に完全に飲まれちゃった上での感想だから実際は逆かも。店に入ってから目の前に配膳されるまで、正直こんなにしっかりしたトンコツスープなお店だと思っていなかったもんで(汗)トンコツスープと言えば「細麺」な訳でして、麺をずずっと頂きますと…これまたいい感じです。正直言ってトンコツラーメンの細麺を色々と食べ比べた経験が無いので良い悪いが分かってるとは思えませんが、今の俺には十分な旨さです。具はと言いますと、味玉は当然としてやや小振りなチャーシューが2枚にメンマ、大きめに刻まれたネギにレタスに、これまた小振りなノリが1枚。香味野菜も少し入ってます。レタスってのは生で食べても美味しいが、湯通しして「しなっと」したのも何気に旨かったりするんで、このトッピングは当然有りな組み合わせでした。ただ…軽く刻まれてしまっているメンマは、一般的な長いまんまの方が食べてる最中に変化を感じていいんじゃないかなぁ?と思いましたな。

食べ始めには気がつかなかった、ドンブリの上の方にある「マー油」的な液体(何か純粋なマー油では無い気がしたのだが…)を絡めて食べると更に旨さが増しまして…もちろん完食!いやぁ旨かった。町田かぁ…

迷わなければ、また来ますっ!(爆)

 

そうそう、同伴者に子供がいると何か一工夫された一杯が「子供向け」に提供される模様です。たまたま店内にいた家族連れのお子さんの前にドンブリが提供された瞬間、『かわいいっ!』と喜ぶ子供の声が店内に響いてました。

その数分前に「お子さんのご注文は○×でしょうか?」と店員さんが親御さんにヒソヒソ声で聞いていたのは、サンタクロースの秘密と同様、

お子さんには内緒という事で(喜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。